心の盲目の恐ろしさ

盲目であることの恐ろしさは、自分の盲目さが全く見えず、

よく見えていると信じ込んでいるところである。

『イエスは彼ら(パリサイ人の中でイエスとともにいた人々)に言われた。「もしあなたがたが盲目であったなら、あなたがたに罪はなかったでしょう。しかし、あなたがたは今、『私たちは目が見える』と言っています。 あなたがたの罪は残るのです。」』ヨハネの福音書9章41節

聖書「新改訳第三版」(新日本聖書刊行会)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

manna.

クリスチャンです。聖書から、また周りの人を通してもっと学ばされたいと思っています。そうして思わされたこと、考えさせられたことなど、詩や短い言葉で表すことをしていきます。自然やクラシック音楽を聴くことが好きです。 https://lamb-word-note.webnode.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。