盲目

自分の罪に対して盲目な人間

自分の罪に対して盲目な人間は

目が開かれることを望まない

人間の問題は

見なければならないものを見たがらず

見てはならないものを見たがるところにある

【見えなくても諦めない!盲目の人の目の代わりを務める】~ビジネスモデル考察Vol.17~

■背景
視覚障害者は日常生活で非常に不便している
⇒他の人が周りの状況を伝えてあげる事で健常者に近い生活が送れるようになる

■ターゲット
・視覚障害者の人

■ビジネス詳細
・小型カメラで視覚障害者の視界を撮影
⇒リアルタイムでボランティアの人に繋ぎ、障害者の目の代わりとして目の前の情報を伝える
・午前8時〜午後8時まで利用可能
・ネットが繋がればどこでも使える
・補助装置はボタンが一つのシンプ

もっとみる

朝を告げる音

人は朝の訪れを音で知ることができる。小学生のころ、盲目のお年寄りが学校を訪れた。確か校長先生の友人で、マラソンランナーだった。大会前なのか、朝の始業時間前に校長とグラウンドを走るようになっていた。伴走ロープを持ってピタリとくっつきながら走る2人の姿がものめずらしく、いつもサッカーをして遊んでいた私や友人たちは一緒になって走った。

「私は時計がなくても朝になると分かる。なぜだと思う?」。そう訊かれ

もっとみる

不動産営業になった盲目の男性

FROM 安永周平

先日、ボブもよく取り上げるトム・ホプキンス氏の名著『営業の魔術』を読み返していたら、面白い話がありました。ホプキンス氏が、ある不動産営業の集会に招かれた時の話です。

彼のスピーチの前に、司会者がある男性を紹介していました。司会者は「この男性は、昨年、国内の住宅営業マンの平均収入の2倍を達成しました」と言います。確かに凄いのですが…それほど大したことじゃないと思う人もいます。

もっとみる

辻村深月「盲目的な恋と友情」

あっとう間に読み終えてしまった。

自分でも驚くほど共感できる部分が多く、本があっという間に付箋だらけになってしまった。

音楽の世界にいる人間というのは面白い。

女の友情も面白い。

彼氏や男を必要とせず、女の友情においては人を心底心配することができる、留利絵。

とりあえず彼氏を作ってみなさいという母親の勧めから、ある音楽の人と出会ったことで歯車の狂い始めた元タカラジェンヌの娘、純粋で育ちの

もっとみる

心の盲目の恐ろしさ

盲目であることの恐ろしさは、自分の盲目さが全く見えず、

よく見えていると信じ込んでいるところである。

『イエスは彼ら(パリサイ人の中でイエスとともにいた人々)に言われた。「もしあなたがたが盲目であったなら、あなたがたに罪はなかったでしょう。しかし、あなたがたは今、『私たちは目が見える』と言っています。 あなたがたの罪は残るのです。」』ヨハネの福音書9章41節

聖書「新改訳第三版」(新日本聖書

もっとみる

心の盲目

イエス・キリストを憎んだ宗教指導者たちのように、

真理に立っていると言いながら、

全く真理が見えていない信心深げな人々ほど、

盲目の人間はいない。

恋が愛に変わる時

「あんたまだあんな男と付き合ってるの?早く別れた方がいいって!」そんな会話が今日もどこかの白木屋やラインで繰り広げられていることだろう。

恋は盲目というのは本当で冷静に見たらそれはないだろうということでも見過ごしてしまったりする。

普通の友達ならなんて酷い顔だと思うような寝顔でさえ何故か可愛く見えてくるのだからもはや一種の麻薬と言っても過言ではないだろう。

好きという気持ちは計り知れないパワ

もっとみる

恋人がいい人に見えてしまう心理とは

周りの人よりも優れている

人は、自分の事や自分に近しい関係の人の事を『一般的な人よりも優れている』として認識してしまう傾向があります。

例えば、自分のことは平均よりも頭が良いいだろうと、70%以上の人たちが思っていることが分かっています。
そして、自分のパートナーは平均よりも頭が良く・賢く・聡明だと思い込みやすいということが研究により分かっています。

なかなか面白い研究ですよね。

そして、

もっとみる