現代アート(美学者母)

machromatic(総合芸術企業「マクロマティック」)代表・現代アート作家・現代美術作家・美術家・美学者。大阪府岸和田市在住https://note.mu/machromatic/n/n64c2f4a8e588http://www.machromatic.net

フェイスブック主導の仮想通貨、Libra(リブラ)は、IoV(Internet of Value:価値のインターネット)を実現する。

2019年6月18日、
う〜ん記念すべき日ですね!!!
僕がBitcoinに取り組み始めてから約3年、
その頃からフェイスブックが、
仮想通貨を作れば世界が変わるのではないか、
その様な思いで、
フェイスブックをあえてメインで使ってきて、
やっとフェイスブックの仮想通貨、
Libraのホワイトペーパーが公開されました!!!

あ〜エキサイティングです、
とても興奮します!!!

なんと言っても、

もっとみる

2019年6月15日時点の美学者母の暗号資産(仮想通貨)に対する方向性の変更について(NEMからBTCヘシフトします)

なんか本当に久々に文章を書く様な気がしますが、
最近色々な事が起こったり、
また始めたりで色々やっておりました。

またそんなこんなで、
今回は、
突然暗号資産(仮想通貨)のお話をしようと、
考えております。

またなぜこのタイミングでという感じですが、
BTCが節目である100万円になろうとしており、
そろそろ暗号資産(仮想通貨)も、
大きな転換点を迎えようとしているからです。

私の文章を長く

もっとみる

実の父親が自宅で孤独死し、遺体が腐敗して運ばれた。腐敗した後の遺体の体液を一緒に掃除してくれた妻に愛を体験した。(本当に貴方の周りに愛がありますか?)

ウィトゲンシュタイン
「生きるとは恐ろしいほど真剣なことなのだ」

去年実の姉を亡くしまして、
「生きる」とか「死ぬ」と言うことを、
改めて考えさせられたわけですが、
先日、実の父が亡くなりました。

実の母はかなり前に亡くしましたので、
家族で生き残っているのは僕だけ。。。

しかも母親と父親は10年くらい前に離婚し、
私は母親の面倒をみるということで、
母親が亡くなるまで面倒をみて、
父親とは

もっとみる

言語のファインアート(美術)としての可能性(対象の独立した立脚による芸術の基底として言語表現は可能か?)

まず今回も、
【言語のファインアート(美術)としての可能性】
という図を最初にご覧下さい。

その上で、
私は言語というものを、
ファインアート(美術)として、
捉えることができるのだという前提で、
この様にアーティストでありながら、
日々言葉を紡いでいるわけです。

私がなぜ「言語」というものが、
ファインアート(美術)として、
捉えることができると考える様になったのか、
それは2010年に発表

もっとみる

心理カウンセリング(心屋仁之助)とか自己啓発とか、各種セミナーでのトートロジーの悪用と洗脳の関係について(P またはPではない)

最近YouTubeを観ていて、
たまたまある動画が目についた。
心屋仁之助という方の動画で、
「一問一答」という「公開カウンセリング」??
私の知ってる方で、
この心屋に心酔されている方がおられるので、
その名前は知っていたのだが、
一度位話を聞いてみるのも面白いなと、
動画を我慢してみてみたのですが、
感想はまぁこういうのに皆んな、
ハマッてしまうのよねぇ〜って感じwww

まず心屋に限らず、

もっとみる