見出し画像

#32) 自分でやらないという選択

こんにちは。
お盆はいかがお過ごしですか?

牧野です。


「お試し経営相談」を
9月30日まで10名様限定で実施中です。
この機会をお見逃しなく。


人手不足で採用をかける前に
やるべきことがありますよシリーズの
何回目ですかね?

前回は変動費と固定費、損益分岐点
についてでした。

ここれまで、

 固定費が下がると損益分岐点が下がる。
  ↓
 人件費は固定費だから増やすのは
 よくよく考えてからにしたほうがいい。
  ↓
 考えるポイントは3つあるよ。
  ↓
 1つめは、
 採用する前に、現在の体制でもっと楽に
 こなせないか検討してみたほうがいい。

というお話をしてきました。

今回は2つめです。

それは
 固定費である人件費の
  (1) 変動費化と
  (2) 別の固定費化
です。

どちらも端的にいうと
自分たちでやらなくてもいいことは
外部の人にやってもらいましょう
ということです。

かっこよく言えば、アウトソーシング。
平たく言えば、外注する、です。


(1)の人件費の変動費化は、
主に、サービス提供や製造など
売上につながる業務に対する
アプローチなのですが、
さらに2つに分けることができて
 ・オーバーフロー分を外注する
 ・細分化したプロセスの一部を外注する
の2つの考え方があります。

大抵の場合、変動費化されるので
①固定費を下げられるとともに
 売上が多いときには費用負担が多く、
 売上が低いときには費用負担が少ない
②人手不足が解消され
 採用で悩む必要がなくなる
というメリットがあります。


(2)の人件費を別の固定費化は、
主にバックオフィスなど
売上に直接つながらない業務
に対するアプローチになります。

本業とは関連の薄い業務に
限られた自社の人手を
割く必要がなくなる
というメリットがあります。


これらの視点で、自分の会社の業務を
見直してみてはどうでしょうか。

____________________

★ バックナンバー人気ランキング

第1位 #13) 「売上=客数×客単価」の「客単価」を分解する
第2位 #22) 誰をバスに乗せるか
第3位 #2) 成長し続ける会社のちょっとした共通点
第4位 #12) 「売上=客数×客単価」の「客数」を分解する
第5位 #18) 商業登記、ひとりでできるもん!
第6位 #19) え〜っ? 経営者なら朝令暮改があたりまえ!?
第7位 #5) 組み立て式の経営計画の目標ってどういうこと?
第8位 #4) 経営計画の目標、組み立て式になっていますか?
第9位 #1) プロジェクトの実現を確実なものにしていますか?
第10位 #7) 戦略的な事業展開を目指す社長、あなたの会社の「ドメイン」は何ですか?

____________________

牧野 誠(伴走舎)へのお問合せはこちらから。
https://forms.gle/eboQ1wZTtHzSTLAY9

質問もお待ちしております。
https://forms.gle/eboQ1wZTtHzSTLAY9

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

牧野誠

経営の専門家。 会社のいろいろな悩みをすべて一人で抱え込まなければならない社長にとって、経営のことなら何でも聞ける相談相手。 ぴったりと寄り添う経営の伴走者。 中小企業診断士。沖縄県 八重瀬町商工会 理事。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。