少しずつずれて行く

ローライ35をしばらく使っていない。買ったばかりの頃は、目測ピントに興奮してやたら撮っていたけれど、最近は部屋のインテリアになってしまった。そういう意味で、カメラは買っても無駄がない。おすすめです。

しかしながら、フィルム装填によく手間取るし、挙句巻き上げに失敗して、思わぬところで多重露光してしまう。多重露光を狙えれば良いのだが、狙えないので、困った困った。

ただ単に私のミスだけど、何か違うなあ、と思ってT3に戻った。これはこれで良いと思うけれど、何か違う。

良いと思っていたものも、少しずつ価値観が変わっていき、少しずつずれて行く。1コマずれると、2コマ目もずれる。当たり前のことだが、36枚撮り終えて、現像が上がってきて初めて、そのことを知る。

でも、少しだけ、わかっている。あ、多重露光しちゃってんなあ、と薄々気付いている。音が違う、感触が違う、まだ撮り終わらないなど。分かっているけれど、自分で最後まで36枚取り切らないと結局何も分からない。

毎日少しづつすれて行く。違うと分かっていても、止めることができない。仕上がりがどうであっても、私が撮った写真は、私だけでも受け入れてあげたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
10

record of tokyo 4

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。