𝚖𝚊𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊𝚠𝚊

カメラマン、エッセイスト。1988年生まれ、東京都出身・在住。写真を撮ったり、文章を書いたりしています。フィルム写真とともにブログ「record of tokyo」を日々更新中。お仕事のご依頼はお気軽に。
固定されたノート

マガジン「一服」発売中です!

昨日、2018年10月18日よりマガジン「一服」発売!お待たせしました、そして関係者の皆さま、ならびに読者の皆さま、届くのをお待ちの方々、こちらを読んでくださっている方々に感謝申し上げます。ありがとうございます!

表紙です。

裏です。

特典のポストカードです!

このマガジン一服 創刊号は主に、東中野コーヒーバーガレッジを中心とした人々、ミュージシャンの906 nine-o-six、トランペ

もっとみる

超曇天とベートーヴェン

朝は天気も良くパッと起きれたけれど、明日は大雨とのことで次第に天気が悪くなっていくのと同じく、私の体調も悪くなってきた。映画でも見に行きたかったが作業も思った以上に時間がかかってしまい、それもまた自己嫌悪激しく、たったそんなことで、と自分でも思うくらいイライラとつらさが募り、頭痛と怠さも伴い、ついに横になってしまった。

何時間寝ただろうか、まだ外は明るいけれどだいぶ眠っていたような感じがする。そ

もっとみる

モノコトジャパン、6月更新!

『なんにも期待せず、自分だけが定めた目標に向かって、黙々と目の前の道をただ歩いている私は、この瞬間とても“ピュアな自分”だと思う。それと同時に、いつもは何をそんなに難しく考えているのだろう…、と思いふける。』

https://www.monocotojapan.com/jp/essay-jp/806/

ウェブマガジン monocoto.Japanでツキイチ連載中「record of tokyo

もっとみる

リフレッシュ

家でエッセイを書き終え、もう一度読み直す前に頭をリフレッシュしようと街へと出かけた。東京は梅雨が始まった。

大きな本屋の検索機で森茉莉さんの本を探す。新潮文庫の『私の美の世界』が良さそうだったのでそれ一冊だけ買い、どこかで読もうと地下にある喫茶店に行く。禁煙席が満席とのことだったので、喫煙席でも良いからと伝え入店。どうしても家ではない場所で読みたかった。後から入りたい喫煙者には悪いことしたかな。

もっとみる

苺のキャミソール

雨が毎日降り続き、キャミソールが残り一枚に。箪笥の奥の方にあったため、サシェとぴったりくっついていた。私はサシェからひっぺがすように、少し雑にキャミソールを取り出す。クランベリーの香りのサシェだが、かき氷シロップの苺味の香りがした。ベリーではあるから、あながち間違いではないけれど、クランベリーという印象はない。現時点では貴重な残り一枚のキャミソールだけれど、何のありがたみもなくサッと着て出かける準

もっとみる