目黒雅也▽イラストレーター

西荻窪出身▼連絡masayanbon13@gmail.com

劇団大人の麦茶「おもったことは、なかったです」初日観劇

今日は一日拙著「うちのしょうちゃん」(皓星社)の書店回りをしてきました。小学生の頃から立ち読みをした西荻窪の「今野書店」。20代から30代の思い出詰まった西荻窪の誇り、日本でも有名な古書店「音羽館」。著名作家を妻に持ち、同年代のお子さんがいるカリスマ書店員花本さんの吉祥寺「BOOKSルーエ」。ここは中高生時代からの行きつけでもあります。デザイン担当の芸人 本田静丸と過ごした過去の酸いも甘いも詰まり

もっとみる

新刊「うちのしょうちゃん」刊行情報

【5月発売】新刊「うちのしょうちゃん」(絵・文 目黒雅也 皓星社 )
安西水丸先生の個展(2012年於山陽堂)からの邂逅があり初の単著出版となりました。感謝です。
帯文は歌人枡野浩一氏にお願いし、デザインは長年の友人本田静丸に。何卒よろしくお願いします。

【吉祥寺「ブックスルーエ」さんにてフェア開催】
ブックスルーエのカリスマ書店員・花本さんが、拙著「うちのしょうちゃん」(皓星社)刊行記念

もっとみる

「死んではいかんと奴は言うけど」

古い友人は「死んだら負け(だめ)だよね」と言った。
「ある作家の作画を(遺族の許可を得て)編纂しストーリーにする」というある作品をぼくが批判的に語ったことに対する返答だ。
その作家には特別な思い入れがあり、故人の言葉には重みを感じていた。作家は自分の絵の中に風流を作り、詩を吟じていた。どんな文章も飲み込み音楽さえ絵の中に引きずり込まれていく。編纂された作品はそれらとはまるで比べ物にならないくらい平

もっとみる

枡野書店イラストレーション教室6月29日

枡野書店イラストレーション教室6月開催日のお知らせです。
6月29日土曜日午前9時〜12時
となります。
●場所 枡野書店(南阿佐ヶ谷徒歩5分)
●講師 目黒雅也
●一回5000円
●定員6名

必須ではありませんが、可能であれば「Coyote 安西水丸 おもしろ美術一年生」をご持参頂ければ、前半こちらを参考に講義をする為便利です。

【ご参加にあたり必要なもの】画材は各自持参下さい。初心者の方

もっとみる

ロフトポスター批判騒動に思うイラストレーターのポジション

ロフトのポスターに批判があり、取り下げたという話がある。「使用されたイラストレーションが女性蔑視に当たり不快だ」という批判らしい。
イラストレーション作者の竹井千佳さんのことをアーティスト扱いで批判する声があるようだが、「アート」と「イラストレーション」は明確に違う。アートは作品そのものにメッセージ性や作者の思いが込められており、発信すること自体に意味があり、作者は表現に対して批判されることも覚悟

もっとみる

2018年西荻窪画

2018年に西荻窪の情報サイト「西荻ナビ」に描いた絵です。