Massi

Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳&コンサルタントMassi | 35歳 | 日本在住12年目 |JP - IT interpreter & consultant in Japan. イタリア領事館の翻訳宣誓認証。トリノ大学院文学部日本語学科修士課程。
固定されたノート

僕が通訳者になるまでの道のり

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

「日本語上手ですね」「ペラペラですね」「さすが通訳者ですね」など、よく言われている。この言葉には、マッシ=日本語を当たり前に話せる、の意味が少なからず込められているように思う。そう言う人たちは僕の現在の結果しか見ていない。

大学生になり、ようやく大人として学べる!と意気込んだ矢先に、まるで小学生に戻ったかのようにわからない事だらけ。社会人にな

もっとみる

アパレル通訳かと思いきや、子守りをした話

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

国際アパレルの展示会でキツかったことは、今思い出しても体が地面に沈むようだ。

よく、共同で世界中の展示会に出展してるという、イタリアの出店者2社。東京にもいつものように出展しにきた。
今回きた案件は、その南イタリアの会社2社を同時に通訳する、という内容だった。長い3日間が、ここから始まる。

出店者を説明すると、1社は紳士スーツのオーダーメイ

もっとみる

医療通訳者の葛藤と苦悩

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

今日は日曜日なので短い記事になるが、中身は重い内容になるかもしれない。

医療通訳の話を少ししたいと思う。
産業、ビジネス、商談の通訳と比べ、医療通訳の場合は言葉だけではなく、患者さんという生身の人間相手の一発勝負だ。
医療通訳の依頼を受け、数ヶ月の病院生活を経て、患者さんや患者さんのご家族の笑いから涙までをこの目で見て、学んだことはたくさんあ

もっとみる

Twitterを通じて得た「宝物」

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

Twitterをしていて良かった事は、全国のフォロワーさん達とつながれる事だ。出張の際には、出張先で実際に会いカフェすることもある。面白いことに、関西で関東在住のフォロワーさんと、関東では九州在住のフォロワーさんと、なんて事も少なくない。

いつもフォロワーさんには面白く、人生のためになるような話を聞かせて頂いて本当ありがたい。そんな中で、非常

もっとみる

写真で分かる、日伊通訳者マッシ(依頼受付中)

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

日伊通訳者マッシとはどんな人物なのか、どんな実績があるのか。お恥ずかしながら全部書いて公開する!

イタリア、ピエモンテ州カザーレ・モンフェッラート(トリノ近郊)出身。日本文学に興味を持ったことがきっかけで、日本語を学び始める。トリノ大学文学部日本語学科修士課程修了。 その後、日本に移住。現在の住まいは石川県金沢市。
イタリア語と日本語の逐次通

もっとみる

日伊通訳者である僕にしかない日常

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

今だから良い思い出として話せるが、当時は先の見えない不安に振り回されたものだ。

今年の6月のことである。フランスのエージェントからイタリアのアパレル通訳の仕事の依頼を受けた。フランスのエージェントを介してのやりとりなので、当日までイタリアのお客様と直接的な連絡はなく顔も分からなかった。

集合は大阪駅でお客様は場所が分かるか心配されていたので

もっとみる