夜の図書室にピクニック、ご主人様、おっぱい・ちんぽ・インポ・オナニーなどの一日。#kurukeredo


※日記1日分ずつ単品で購入できますが、月700円で30日分まとめて読めるマガジンを購入したほうが断然お得です。

年10/8(月)2694

きょうは珍しく、
月曜15時から22時までの「夜の図書室」の
早い時刻に枡野店主がいます。
日が暮れるまでは。


宇都宮敦さんが歌集をついに出すという。
おめでとうございます。
『ピクニック』(現代短歌社)11月刊行予定。
拙著『ショートソング』(集英社文庫)は、
彼を筆頭とする歌人たちの
短歌から大きな浮力をもらい、
思いのほか遠くへと運ばれた一冊でした。
最後のほう、
短歌連作がまるごと載ってるとか、
どうかしてますね今思うと。
最後のページも宇都宮短歌。
ピクニック本当に楽しみ。


いま枡野書店にあった、
新しい帯つき9刷の『ショートソング』、
最後の一冊が売れてしまったところ。


きのうは羽衣のリーディングを観た。
俳優たち一人一人の魅力が凄かった。


そして池袋シネマ・ロサヘ。
窓口でタイトルを言いにくい映画を観た。


映画『おっぱいバレー』の
原作本の版元の代表と会ったことがある。

この続きをみるには

この続き:1,057文字
記事を購入する

夜の図書室にピクニック、ご主人様、おっぱい・ちんぽ・インポ・オナニーなどの一日。#kurukeredo

枡野浩一(歌人)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深謝!
3

枡野浩一(歌人)

短歌ブームの下地をつくった青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット。小手川ゆあさんによるコミック版はアジア各国で翻訳されています。電子ブックもありますよ。南阿佐ヶ谷の白っぽい小さな多目的スペース「枡野書店」店主。https://masunobooks.com/

毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります。正直さでは負ける気がしません。1日ずつのバラ売りもありますが、まとめ売りのマガジンは毎日更新をめざしますので、30本とかで700円。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。