スマホやタブレットをお子さんに与える前に考えて欲しいこと

僕が保育園経営を始めて今年で10年になります。そしてこの間に一気に浸透したのがタブレットとスマホです。僕の保育園では2〜4歳児をお預かりしているのですが、どの子もみんな驚くほど小さな時からスマホを易々と操作します。

そんな姿を見て「今の子はさすがデジタル・ネイティブだ!」と感心する人も多いとは思うのですが、僕はこれ、全く感心しないどころか害しか感じません。僕自身に今幼児がいたら、スマホもタブレットもほとんど使わせないでしょう。この記事では、なぜ僕がスマホやタブレットを子供に使わせるべきではないと感じるのか、説明したいと思います。

年齢に応じて学ぶべきことがある

子供には年齢に応じて体験すべきこと、学ぶべきことがあります。これを初めて体系的に解き明かしたのは、「現代幼児教育の父」といっても過言ではないジャン・ピアジェです。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月20本くらい読めるので1本50円です。

この続きをみるには

この続き:3,815文字/画像1枚
記事を購入する

スマホやタブレットをお子さんに与える前に考えて欲しいこと

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
44

松井博

Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 。 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」などなど。

まつひろのメルマガ

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで感じたこと、思ったこと、考えたことなどを徒然なるままに綴ってゆくメルマガです。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。