教育についてしゃべる徒然Note、始動

はじめまして。
なんと名乗ろうか迷いましたが、「きりん」で行かせてください。
どうも、きりんです!
今年で23歳になります。学生です。(訳あって1年留年しました。)

Noteはじめました!
読んでくださってありがとうございます。
私は割と表現がくどいことでおなじみなのですが、辛抱してお読みくださいませ。

さて、まずは軽くこれまでの経歴も含め自己紹介をさせてください。
神戸生まれ神戸育ちです!(

もっとみる

子供の自己有能感を見つめましょう。

自己有能感って、うぬぼれるということではないです。自分はなかなかやれるじゃん!という気持ちを持ち続けることです。

完璧になんでもできる必要はないんです。大人にも言えますが、特に日本で育ってしまうとなかなか、出来不出来で判断されたり、謙遜していないと生きていけなかったりして、酷しいです。とても残念。もったいない。

せめて、未来を担うこどもたちは、そうあってほしくありません。

昨日、娘とこんな会

もっとみる

「成功」ばかりを意識するから、幼い頃から歪んだ競争が起こっているような気がしています。

子どもの頃に何か運命的な出会いを体験して、早いうちからスペシャリストを目指すことが良いこと。それこそが、成功への近道だという教育業界の宣伝文句…

早いうちから夢を見つけることが成功への近道だと教え込み、幼いうちから多忙な日々を過ごす子どもたち…

このような教育は歪んでいると思います。

ボクの志教育は何歳からでも成長できること、いつまでも成長し続けることの楽しさを伝えています。

大人になって

もっとみる

オセロを使って、オセロをしない

4歳の娘に遊ぼうとオセロに誘われた。
どうやらこれが初見のようだった。

「オセロってこう遊ぶよ」とは言わない。
一般的なオセロのルールを教えたところで、
大人側の学びや発見なんて、知れている。

それより、子どもがどう遊ぶかに流されてみる。
その方が、見たことのない土地に運んでくれて、
そうきたか、と大人の発見が多くて楽しい。
大人が楽しい方が、きっと子どもは楽しい。

抽象化すれば、あるのは、

もっとみる

0点ミュージアム/フレーベル館

エントリー会社:電通
事業主体:フレーベル館

・ファクト

日本の学校教育は正解を追い求める形。テストでは習ったことをちゃんと答えられるかどうかが採点基準になっている。
その教育では事前に決められた答え以外は全て不正解になってしまう。
しかしその教育は子供たちの自由なのびのびとした発想を制限してしまう。

・内容

テストでは“間違い”だけど、見方によっては“クリエーティブ”。そんな答案だけを集

もっとみる

幼児教育無償化は、義務教育化ではないのか

7月21日投開票の参議院選挙でも公約に取り上げられている3~5歳児の幼児教育無償化。7月4日に、フランスでは新学期から3歳から義務教育とすることが決まった。

3歳から幼児教育無償化する予定のわが国は、3歳から義務教育とするかといえば、そうではない。選挙公約で「3歳から教育無償化」とはいうが、「3歳から義務教育化」とはいわない。

「教育無償化」と「義務教育化」との間には、財政面や体制面からみてど

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
9

おしゃべり私のこと

幼稚園教諭をしながら描くことを学び、イラストレーションの仕事をはじめました。十数年の教諭時代、子供たちと過ごす中人として多くのことを学び心に得たものがたくさんあります。イラストレーションの作品をご紹介しつつ、絵本のことや子育てのこと保育のことなどもお話しできたらと思います。

イラストレーションのhpはこちらです。 

所属している TIS(東京イラストレーターズソサエティ)のサイトはこちらです。

もっとみる
ありがとうございます♡素敵な出会いがありますように。
2

ハイジ

本日は、ハイジ。
日本ではアニメーションにもなり「アルプスの少女ハイジ」として幅広く知られていますが、以外と原作には出逢っていない方が多いのではと思います。私も成人過ぎてからの出逢い。幼稚園教職時代、園の図書室で手に取ったのが最初でした。単行本でとても分厚く重たかったので、これは・・・・読み終えるには日数がかかるかなと思って借りた夏の夜。読み始めるとハイジの生きる世界にぐっとはまってしまいました。

もっとみる
ありがとうございます♡素敵な絵本に出会えますように。
7

未来の学校を考える

7月 13日の黒ポン

先日、広島大学近くのoluolucafeで開かれた教育イベントに参加してきた。
その名も「未来の学校を考える-幼児教育から大学教育までの実践者 を交えて-」

 「このままの学校教育ではまずい」と危機感はあってもタテでのつながりはなかなかできないということで、認定こども園の園長、小学校教師、高校魅力化推進コーディネーター、大学教員の4人がスピーカーとして登壇。
各10分とい

もっとみる

【2】複合遊具の政策ってなに?

前回「人生の選択肢を広げる政治の役割」という投稿をしましたので、こちらの投稿も併せてお読み頂けたらと思います。

上の図でいうと左側のさびついたすべり台が何十年と続く今の日本の政治のイメージ。

右側の複合遊具が維新の会が大阪でこの10年の間に行った政治のイメージ。
というお話しでした。
皆さんならどちらを選びますか?
僕なら即答で複合遊具です。
理由は簡単です。
利用者である僕たちにとって選択肢

もっとみる