FABRIC TOKYOに行ってきた感想

だいたい2年ぐらい前から、TakramCastを聞いている。

最近何度もリピートしてきいているのが、FABRIC TOKYOのCEOの森さんがゲストであるこの回である。

聞いていて、「なるほど!」「そういう経緯だったのか?」みたいなことがたくさんあるけど、今まで実店舗に行ったことないので、行ってみたことをまとめてみます(まだ商品は届いていないので、店舗のみの感想)

ちなみに行ったのは、渋谷MODIの4階にある店舗。

まず最初に結論を書きます。

事前にサービスサイトで調べていったけど、実店舗で体感できると、情報量が全然違った。オンラインの情報は「特別な体験を感じるための、材料を増やす役割」のようなイメージに感じた。オフラインでの店舗体験の中で「Fit Your Life」をとても感じた(特にコーディネーターさんと対話していく中で、完全に諦めていた不満も解消できたのが嬉しかった)

「コーディネーター」とは?
FABRIC TOKYOでは、店員さんのことを「コーディネーター」と呼びます。顧客のの体型の癖も考慮して採寸し、お客様ひとりひとりのライフスタイルにあわせた着こなしをサポートする存在のため、このように呼びます。

一番印象に残ったことは、自分は身長が180㎝ぐらい×スポーツ経験者のため、既製品モデルだと、肩周りが動かしにくい悩みが解消したこと(これは初めてスーツをきた時から、ジャケットに違和感をずっと感じていて、もはや諦めていた問題でした)

他にもコーディネーターさんと採寸と会話をする中で、不満な点を見つけるように質問→調整を繰り返してくれ、とても発見と気づきが多い時間でした。

生地選び→採寸→カスタマイズ

初めてFABRIC TOKYOで商品購入する際には、来店してサイズ計測が必要です。僕が店舗に行った時は、二人体制でコーディネーターの方がおり、待つことなく、すぐに対応してもらいました。

ただコーディネーターさんに相談などしてたら、1時間ぐらいかかってしまったので、混雑も考えて事前に予約していくスタイルがおすすめです。

生地選び
僕の行った店舗だと、壁一面に生地が並んでいて、結構圧巻でした(ユニクロのパンツ壁みたいなイメージ)。自分が思っていたよりも、目的別(きっちりとしたもの〜カジュアルまで)や機能性(型崩れしにくい、シワになりにくいなど)が多くありました。

あと生地だけだとイメージが湧き切らないので、サンプルのスーツがあるので、選びやすかったです。ちなみに生地選びだけでもワクワクしました。

採寸
前述しましたが、ジャケット・スラックスのどちらもかなり細かいところまでみてくれました。首回りや手首周りの余裕とかも話しながら考慮してくれて、とても丁寧にしてくれたので、ありがたかったです。

カスタマイズ
商品を選んだ後、インターネット上でそれぞれ選択していきます。ジャケットなら、ボタン・ラベル・ポケット・裏地などの種類を選べます。選ぶと、画像・イラストでも見れるので、分かりやすく感じました。

販促カタログ

店舗に行ったときにもらったのですが、かなり作り込まれていてCOOLな感じでした。自分のもらったのは、「2019 SPRING SUMMER」ですが、各型ごとにモデル写真や細部のポイントがわかる画像・カスタマイズもわかる感じです。

見ていただければわかると思うのですが、ここでも冊子の構成として「Fit Your Life」がわかるように、仕事やプライベートなど生活に寄り添ったものになっており、とても見ていて楽しいです(何度か読み返した)

あと冊子にQRが設置されていて、すぐ製品ページが見れるので、冊子→ネットの移動もスムーズです。

とはいえ、これからが本番

今回店舗に行って、生地選び→採寸→カスタマイズを通して、「Fit Your Life」を感じたつもりなのですが、まだ商品が届いていない状態です。なので、実はまだオーダースーツを着用していないです笑

店舗でコンセプトを肌で感じて、自分の中で腑に落ちた部分もあるのですが、これから家にスーツが届いてサービスを体験しようとおもいます。


------------------

お読みいただき、ありがとうございました。
自分なりに調べてみましたが、もし何かの参考になりましたら、幸いです!

今後も色々なサービスを観察していきますので、よかったらフォローください!

Twitterアカウントはこちら

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、noteでいいなって感じた記事のサポートに使います🎉🎉🎉

明日も頑張って書きます!
4

観察メモ

気になったサービスを観察。 Web/APPなどのUIに重心をおきつつ、UX・マーケなどもまとめていく予定
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。