50倍ぐらいのハッタリをかまさないといけない

コシノミチコ氏。

コシノヒロコ
コシノジュンコ
コシノミチコ
という、デザイナー三姉妹の末っ子であるミチコ氏のことを、テレビ番組で見た。



彼女は、最強の姉たちを持つがゆえに、一般人では経験できないような華やかなショーを支えてきた。

しかし、30歳の時に単身ロンドンへ渡ったという。


なぜかというと「ここなら姉たちの手が届かないところだから」。

何歳になっても、姉には敵わないし、自分に発言権はないという意識があるらしい。


そこから離れ、自分としての人生を歩みたかったのだろう。


ロンドンへ渡った彼女は、これまで自分の力ではデザインなどしてこなかったものの、デザイナーの求人に応募した。

姉たちのショーなどの映像を見せて「私もテイストは同じようなものよ。こういうのできるから」と話をつけ、未経験ながらも仕事をゲットした。



当時のことを振り返り「(実力の) 50倍ぐらいのハッタリをかまさないといけない」と彼女は語った。




ハッタリは、時として自分へのプレッシャーにもなるけれど、原動力にもなる。


嘘をつくのは良くないけれど、ハッタリをかますことによって、それを「できる」ようにするのはアリだ。



フリーライターになった頃は「こういうの詳しいですよ」とアピールしておいて、受注されたらそこから必死で調べて詳しくなった…なんて人の話もたしかに聞く。



実際私も、取材の経験なんてすごく少なかった。


けど「取材できるライターです」と涼しい顔をして主張していったら、取材の仕事を何件ももらえるようになった。

結果的に、ハッタリがちゃんと現実に落とし込まれている。




掴みたい夢や目標は、ハッタリから始めてみると、思いのほかすぐ手に入るのかもしれない。



「嘘」にしないように。


ハッタリを、現実にしよう。



記事の元となったツイート↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをしていただいた分は、noteで今後やりたい企画に使わせていただきます

なんとお優しいかた…泣
7

松本紋芽

91年生まれ東京在住、茨城育ち🗼昔は紙、今はWeb媒体の編集長です。♢執筆媒体:新R25♢ 好きなものは「広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像」。仏像展の情報をもらえるとよろこびます。性格は太陽というより月タイプです。でも笑いの沸点は低めです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。