「カバンを持って行き、また持って帰るのが仕事です」

以前、「僕はカバンを会社に持っていき、またカバンを家に持って帰ることが仕事だと思っている」という先輩がいた。要は仕事に何の執着もなく、とりあえず家と会社の往復をしているということらしい。

そんなことを言いつつもすごく仕事のできる先輩だった。無駄な力を使わず、スマートに物事を進める。周りは先輩を頼っていたし、もちろん私も頼りにしていた。本人はまったく仕事に興味がないと言いつつ、しっかりポイントを押さえて必要最低限の力で進める先輩。

私はというと、興味の持てない仕事は、興味をもつことから始めないとどうしても覚えられない。仕事に愛を芽生えさせるところから始めるので、理解できるようになるまで時間がかかる。好きになってしまえばどんどん夢中になって、生活の全部をつぎ込むようになるが、愛が覚めると必要最低限もやりたくなくなってしまうという、ちょっとめんどくさい性格だ。先輩とは本当に真逆で、話を聞いてもうまく理解することが出来なかった。

「どうして、興味がない仕事も残業して、最後まで終わらせるんですか?」と、先輩に聞いたことがあった。即答で返ってきた答えは「マネージャーに、早く帰ってもらいたいから」だった。

毎日0時すぎまで残り、朝は8時からパソコンと向き合っているマネージャーには、小学生にあがる前の娘と息子がいる。先輩の仕事の原動力は、そんなマネージャーに家族の時間を作ってあげたいから、ということなんだそう。なんだか、それはそれで激アツだ。

仕事自体に興味はないけれど、誰かのために頑張りたいとスマートに仕事するのも、効率よくてちょっと憧れたりもする。でも、多分わたしは仕事自体に熱量もって没頭しないと、楽しさを見つけられなくて、長くは続けられないんだろうなあ。

テーマ#熱量


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までありがとうございます!いただいたサポートは、noteのマガジン企画「サーティワンに聞いてみた」の経費にさせていただきます。https://note.mu/miho_tb/m/m1dbe228bbca2

ううう、すき!
13

もりやみほ

キマらない日も同じように

「毎日書くこと」を目標に、友人とその日のテーマを決めて書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。