広げた風呂敷へダイブする

やればやるほど、身の丈以上の深刻な課題があふれるほど出てくる。

やればやるほど、無知が露呈する。

やればやるほど、無力を突きつけられて呆然とする。

できるなら、うつくしくカッコよく仕上がった状態で表したいのだけれどね、そうは問屋が卸さない。

美意識は高い。
美意識ついでに理想も高い。

現実と理想のギャップを埋めるのは、己の胆力のみ!と意気込んだところで飽き性だから下ごしらえに没頭できない。

だからって、脈絡のない目移りはしないし、なんでもかんでも「やればいい」ってものじゃないってことも体がよくわかってる。

何を?
なぜ?
どうやって?

腑に落ちなければ、手足まで脳の指令がいかないみたい。しばらくは、じっと観察してばかり。

でも同時に、「何もできない」とか「何ができるかな」とかモジモジしている時間は、じれったくなってしまう。

どうあがいたって、どんなに身の程知らずだって、最終的にはやるしかない。

本当に実現したいのなら、ちょっと背伸びしたぶんを、未来の自分がきっと埋めてくれるから、信じてみたらいいと思う。

身の程知らずの大風呂敷から不意に始まる、冒険だってある。

自ら広げた大風呂敷に、思い切ってダイブしよう。

身の丈以上の細々とした実利に関わる問題も、掘れば掘るほど分からなくなってゆく世界のことわりも、いずれはぶつかる壁なのだ。

万策尽きたお手上げ状態ではなく、走りながらあれこれ試せるお手玉状態ならば、悩む段階ですらない。

何につけても、はじめっからうまくできるなら、全人類がとっくにとりかかっているさ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、本当にありがとうございます。

ありがとうございます。今日の夜、よく眠れますように。
19

20190101〜/コラムや日記、メモリ〜

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。