Masami Otsuka

仕事は書籍編集。最近よく聴いているのは檸檬と(((さらうんど)))。リアル脱出ゲーム好き。テニスはよく観る方。電子タバコ依存症。

目隠しをされバスに乗せられる!? 黄色舞伎團2『ゴドーを待ちつかれて』について

引き続き1980年代末~90年代半ばに活躍していた前衛劇団、黄色舞伎團2の話。
あれからさらに僕は主宰(現OM-2)の真壁茂夫さんに話を伺う機会をいただいた。その際、僕のリクエストに応じるかたちで、当時を知るスタッフである小田善久さん、内海力王さんにも同席していただき、記憶を掘り起こしてもらった。当時の一介のファンにもかかわらず、とても親切にしてくれる皆さんに恐縮しきりである。



さて、今回

もっとみる

観客が観客を見る不思議な演劇。黄色舞伎團2『B-DAMAGE』について

迷路劇場『架空の花』から半年後、1989年3〜4月に開催されたのが『B-DAMAGE』。田端の倉庫街にあった黄色舞伎團2の本拠地、die pratze(ディー・プラッツ)にて行われた。『架空の花』の仕掛けに仰天した僕は、さらなる驚きを求めて足を運ぶことにした。今度は「絶対面白いから」と友達を誘った。

↑当時のサブカルチャー雑誌のようなビジュアルの公演チラシ。今作からしばらく、元聖飢魔Ⅱの丸山涼子

もっとみる

1988年のARG体験。黄色舞伎團2の迷路劇場『架空の花』について

1980年代の終わり。現在OM-2として活動している劇団は、「黄色舞伎團2(おうしょくまいぎだんつーと読む)」と名乗っていた。あれはまさにARGとしか言いようのない演劇だった。
 今僕がリアル脱出ゲームをはじめとする体験型謎解き公演に興味を持ち、多少なりとも仕事に絡めたりもしているのは、このときの体験が大きい。リアル脱出ゲームは『夜の遊園地からの脱出』が初参加だったが、スタートして最初に思い出した

もっとみる