Stones alive complex (Moldavite)

彼の名は、ポーズ。
時間を止められる男だ。

駅前の雑踏に押されて歩いているうち彼の心に、ふつふつとヒーロー的な正義感がようやくこみ上げてきた!

「僕のこの特殊能力を!
人類のためにこそ、生かそう!」

この善良なる決意の源は、『時間を止められたらやってみたい事ベスト100』を飽きるまでやりきってしまい、このところ暇を持て余しぎみだからではない!

そうだと信じたい!
彼は強く思った。

彼は雑踏の中で立ち止まり。
誰も注目していないけれど、むしろあえて注目しないように避けて通られてるけど、拳を天に突き上げ、うおおおーっ!とヒーロー誕生の産声を上げた。

そのはた迷惑な大声へかぶせるように、
駅ビルの大型ビジョンからアラームが響いた。

雑踏が、いっせいにビジョンへ注目する。

緊張した面持ちのニュースキャスターが大写しになった。

「臨時ニュースをお知らせします!
巨大隕石が地球に近づいています!
衝突まであと10分です。
この重大なる人類の危機の情報は一年ほど前に、とっくにNASAは掴んでいたようですが・・・
各国首脳は国民の皆さんにお知らせしてもパニくるだけだし、と寸前まで公表を控えていたようです。
政府首脳は、知るのが一年前でも10分前でも、どうせ誰にもNASAすべがないでしょ?と苦しいダジャレの言い訳を発表しました。
国民の皆さんはどうか、落ち着いた対処を心がけてください!
つっても、どうにも対処のしようがないでしょうが、それぞれに思いついた気休めの対処で結構です!」

原稿をかなぐり捨てて、キャスターも放送を放ったらかして逃げ出した。
空っぽになったスタジオがしばらく映ってから、ぷつんとビジョンは暗くなった。

すると。
空のてっぺんが不気味に明るくなり、
その中央にさらに不気味な緑の光を放つ、巨大なる隕石が現れた。

雑踏は、きゃああああ!と下手なコーラスで悲鳴をあげる。

「来たーっ!
いきなりのヒーローチャンスが!
小説みたいに都合よく!」

ポーズはニヤリと、
ヒーローが悪党を追い詰めた時に見せるドヤ笑いをして・・・

時間を止めた。

あたりの景色の動きが、ピタリと止まった。

みんな揃って限界まで顎を広げてる雑踏も、
派手に明滅してた駅前のネオンサインも、
渋滞でごった返す駅前ロータリーの車列も、
駅に入ろうとしていた列車も、

そして問題の隕石も、
その場でピタリと止まった。

よしっ!!

停止した時間の中でひとり動けるポーズは、誰も見てはいないけど、誰も見ることはできないけど、孤高のヒーローぽいガッツポーズをした。

・・・

「さて。
これからどうしたらいいんだろ?」

ずっと隕石を見上げてるポーズのその独り言は、周辺の空気も止まっているので音にならず、彼の声帯まわりの空気だけを振動させた。

隕石の落下を止めたはいいが、
止めただけで、消せたわけではない。
時間と問題は止まっているだけで、消えたわけではないのだ。

ポーズがこの時間停止を解除すれば、
隕石は再び落下を始め、人類は再びパニくりだす。

うう・・・
こっから先は、どうしたらいいんだ?

そんな新米ヒーロー、ポーズの右肩を後ろから掴む者がいた。

「ふふふ。かなり手間取ってるようだな。
お手伝いしようか?」

これは・・・
骨伝導!
掴まれた肩から、後ろにいる誰かの腕の骨を経由して先輩口調の声が伝わってくる。

「俺の名は、ファーストフォワード。
時間を早送りできる男だ!」

おお!それは助かる!
・・・って、助からねえじゃん!
早送りしてどうする!?
この状況じゃ使えねえぞ!その能力は、先輩!

ポーズの左肩を別の男が掴んできた。

「お困りのようだな、おふたりさん。
俺の名はゴーバック。
時間を巻き戻しできる男だ」

巻き戻しなら、まだマシだぞ!
一気にこの状況を一年ほど巻き戻していただいてっと!
・・・って、問題を巻き戻してるだけで、なんら問題の本質は解決していないような・・・
中途半端な時間稼ぎにしかならないような・・・

「俺に任せてくれないか!」

また別の男が現れたようで、
ファーストフォワードかゴーバックの肩を掴んだらしく、ひとり挟んだポーズのところへ伝わりにくく骨伝導が伝わってきた。
三人目の能力者が名乗った。

「俺の名はプレイ。
時間を標準スピードで進められる男だ!」

・・・それって。
能力なの?

ポーズと、ファーストフォワードと、ゴーバックと、プレイは。
仲良く固まったまま骨伝導を使って対策を相談しあい、満場一致の結論に達した。

これは!
時間の問題じゃあ、ない!

そこへ、
ポーズの正面から、ひとりの女が雑踏の隙間をぬってしゃなりと歩み寄ってきた。

ポーズの前にかっこよく立ち、片手でポーズの顎を姉御っぽく持ち上げた。

「ようやく、このワタシの出番らしいわね、坊やたち・・・」

その女の気合い入った爪が、ポーズの両奥歯へと食い込む。奥歯から骨伝導が・・・

「ワタシの名は、
イジェクト。
このDVDを取り出せる女よ!」

(おわり)











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Mituyuki Takatuki

コメント2件

骨伝導ミーティング!笑いました
♪(о ̄▽ ̄)/サンキュ-

昔からSFドラマとかの細かいとこが気になる性分でして。

時間が止まってるなら、まわりの空気も止まってるはずだよな?振動しねえんじゃね?
とか・・・

そのくせ、いい加減な設定の話ばかり思いつく・・・
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。