三浦 編集長

石見銀山大森町のライフスタイル企業「群言堂」で広報誌とは名ばかりの身勝手なフリーペーパー「三浦編集室」をつくる里山系サラリーマン。編集長とは名ばかりの平社員です。群言堂HP https://goo.gl/vT66ij 大森町HP https://goo.gl/ZM8itL
固定されたノート

三浦編集室への入り口<配布場所リストもあるでよ>

フリーペーパー「三浦編集室」って何?どこでもらえるの?

三浦編集室(旧:三浦編集長)とは?
「三浦編集室」は世界遺産・石見銀山のお膝元、島根県大田市大森町に本拠地を置くライフスタイルブランド”群言堂”の広報誌であるところのフリーペーパーである。企業広報誌でありながら事業内容や商品のことには触れず、広報担当の三浦が中心となり大森の暮らしを発信している。

2014年5月〜2019年1月まで約5年間

もっとみる

【祝・d47 MUSEUM Fermentation Tourism Nippon開幕!】小倉ヒラクさん島根発酵ツアーに同行してみた-その1-

今すぐ渋谷に行きたい

昨日、4月26日から渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMにて、楽しみにしている展示「Fermentation Tourism Nippon」が始まった。三浦の好きな発酵デザイナー・小倉ヒラクさんが日本全国を旅しながら各地域の発酵文化を深掘りし、日本文化の多様性を描くという壮大なテーマを持った展覧会である。

ヒラクさんが命を削って作り上げた展示が面白くないわけがない。本当

もっとみる

大谷選手は青少年|すみれメモ⑦

気のせいかも知れないが、この前、年が明けたばかりのような気がしていたのに気が付けば4月だ。

ワイフの発言を集めたメモもまたさらに溜まってきてしまった。季節も春となり、ワイフの派手な言い間違いや独自言語開発の勢いはとどまるところを知らない。

つい先日も「大谷選手って、青少年やね~」と言うので「それを言うなら好青年では?」とツッコんだところであるが、ふとした時にそれはやってくるので油断してはならな

もっとみる

三浦編集長Vol.19発行!!

遅ればせながら、ハッピーニューイヤー。

これまた遅ればせながら、新年より三浦編集長Vol.19を配布し始めている。

※配布先はこちら

この度は冒頭文にて重大発表があるので、いつも以上にしっかりと読んでいただきたい号である。

見どころは昨年、アメリカはカリフォルニアからやってきたShunこと伊藤俊一氏の独占インタビューだ。これまでの歩み、そして大森町に移住した経緯や働き方に思い悩む現在の葛藤

もっとみる

ワイフ、血液型が判明する|すみれメモ⑥

こんにちは。

血液型占いとか一切興味がない方なのだが、ワイフが24にもなって自分の血液型が分からないと言うものだから、一体この人の血液型は何型なんだろう?と出会って以来無駄に考える日々が続いた。

本人はなぜかA型に憧れがあるらしく、盛んにA型であることを主張する。真面目とか几帳面というイメージがあるのが良いのだろうか。ただ、日ごろ見ているとAでもAOか、もしくはOか?と三浦は思っていた。

もっとみる