現代川柳練習11

手抜きでも愛してくれる悪い猫

性格の悪さで曇る眼鏡かな

色のない嘘を吐くから貴方だな

細胞のひとつひとつに男居り

枝分かれする髪の先舌の先

残酷にカップルシート座高告げ

水ナスとともに噛みたるわだかまり

肉じゃがとカレー並べて迫る夜

数珠ひとつ気圧の谷に横たわる

化けて出る母が母なら恋しかろ

銀の匙安いやさしさすぐ分かる

人生のハズレくじだけ集めてる

足の裏無限に伸びる弱音かな

横幅の広さ神経蜘蛛の糸


---------------8<  切り取り線 >8-------------
意識せずに思いが575で完結するとき、疲れてるなって感じる。
心がしんどいなと訴えている。
わたしにとっての川柳はリトマス試験紙のようだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

深山静

みやまnoしずく

ことば書きの練習。 現代川柳・現代短歌を書き連ねています。(短歌多め)

コメント4件

意味深な川柳ですね。
人生のハズレくじ・・・
僕の人生のバランスシートはとても合いそうにありません。
nz_skyさま
一時、なぜわたしばかりこんな目に?な気持ちが続いていました。
こころでは泣いて悩んで笑ってる君を誰かがきっと見ている
nz_skyさま
分かります!ありがとうございます。わたしの友人がまさにそうでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。