TK-Note

40代男。人文系の研究会やシンポについての個人的まとめ、読んだ本や観た映画などで思いついたことを中心に書いてます。 関心は、記憶研究や文学研究(イギリス文学のカズオ・イシグロなど)です。関連する文献料なども紹介してゆけたらと思っています。

「もの」に魅せられて(床呂郁哉・河合香吏(編)『ものの人類学2』)

私は精神的に疲弊してくると、洞窟だの土器だの石だの廃墟だのに目が向く傾向があるようなので(苦笑)、個人的にはアニミズムやフェティシズムにはとても関心がある(最近楽しみにしているのは奥野克巳さんのコンマリ論の連載『片づけの谷のナウシカ』(https://www.akishobo.com/akichi/okuno2/v1))。またアプローチとしては、精神分析や哲学などの理論的なモデルからのクリアカット

もっとみる

村田沙耶香『消滅都市』から(なぜか)劇場版『銀河鉄道999』へ

しばらく放置になっていたので、自分の書く修練として、もう少し気軽なことも書いてみます。 

 話題になっていた『地球星人』も気になってるのでその準備として村田沙耶香『消滅都市』を読む。
すべてがクリーンで合理的になり、子供も人工受精で「繁殖」されるようになり、性欲も夫婦という「家族」の間では非合理なものとして「正しく」処理される世界。

 そこでの「正しく」「正常」さが突き進められて行く一方で、「

もっとみる

人文系シンポジウム「創発する自然・文化」概要

2019年2月12日に「創発する自然・文化」と題して早稲田奉仕園にて開催した人文系フェス的シンポの概要をお伝えします。

今回のシンポの紹介文は逆巻しとねさん主催の「文芸共和国の会」のHPにもありますのでご参照ください
http://republicofletters.hatenadiary.jp/

(逆巻しとねさん報告)

 逆巻しとねさんの報告はスケボー・アーティストBABUを紹介して、活動

もっとみる