見出し画像

フットボールを生きる街 #01 バーゼルの夜

01

“Os voy a revelar un secreto; los aficionados del Sevilla fueron los protagonistas y estuvieron también todos vosotros, en ese vestuario del Sankt Jakob-Park, porque los jugadores, en el descanso, pensaron en vosotros. ”

「君たちに秘密をひとつ教えてあげよう。あの試合の主人公は、君たちだった。あの日、ザンク ト・ヤコブパルクのロッカールームに、君たちもいた。選手たちはハーフタイムに、君たちのことを思い出していたんだ。」

セビージャFCが3大会連続5度目のUEFA ヨーロッパリーグ優勝を果たした翌週、 ホームスタジアム、ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われたセレモニーで、スタジアム DJ はこう明かした。

1 点を先制されて迎えたハーフタイム、セビージャの監督ウナイ・エメリは「ここはサンチェス・ピスフアンだ」と選手たちを鼓舞した。他にことばは要らなかった。セビージャから 2,000km 以上離れたスイス・バーゼルのスタジアムで、選手たちはホームスタジアムのサポーターの声を聴いていた。

後半、1 点、2 点では飽きたらず、3 点目を奪ったセビージャFCを画面越しに目撃していたサポーターたちもまた、セビージャにいながらバーゼルで歌い、祈り、歓喜の輪をつくっていた。

この街は、フットボールを呼吸する。この街は、フットボールにより分断され、フットボールにより連帯する。スタジアムはその圧倒的な熱に共鳴し、呼応する。

セビージャという街では、フットボールは彼らの人生そのものである。

=====================

この文章は、留学中に書いていた日記をほぼそのまま引用したものです。

パレードとセレモニーが行われたのは、コパ・デル・レイの決勝でセビージャが敗れた翌日のことでした。街中がクラブカラーに染まり、誰もが心底幸せそうな顔でクラブを称えていた光景を忘れることができません。

冒頭に引用したクラブDJのことばはもちろん実話です。2015-16シーズン、セビージャFCはアウェイのリーグ戦で一勝もあげることができませんでした。一方、ホームでは13連勝を記録するなど絶対的な強さを誇っていた。だから、ヨーロッパリーグの決勝、リードされて迎えたハーフタイムに、当時の監督ウナイ・エメリが用意した戦術は「ホームスタジアムのサポーターの応援」だったのです。大好きなエピソードです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

モエ

1994年うまれ / 東京外国語大学⇒アライドアーキテクツ株式会社 / ソーシャルメディアプランナー / ガンバ大阪とセビージャFCが好き / スポーツ×ソーシャルメディア×まちづくりがしたい / 日本語と、英語と、スペイン語をはなします

フットボールを生きる街

セビージャの街と人々をつなぐ16の物語
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。