特殊なクルマを作っている工場を訪ねました(1)

「自分が手がけたものは、
見たらわかります」

写真©山本倫子

「基本は一台一台、イチからの作業なんですよね。だから、クルマを前にして、さぁ、どうしようかというところから入ります」


 細身でがっちり体格の岩堀さんは、工場で「設計」担当をしている。作業中の車両の前で話してもらったが、すこし話を聞いただけでもクルマ好きが伝わってくる。ところでココではちょっと変わった自動車がつくられている。

「たとえば、作業の前にたまたまキャンピングカーの雑誌なんか見ていたとしたらイメージが残る。そうことはありますよ」
 そこから影響を受けるようなことが、ないわけではない。作った人間それぞれにクセみたいなものがあり、同業者が見たらどこの工場でつくられたものか見分けがつくのだという。
 ほんとうに、わかるんですか?
「わかりますね。うん。わかると思う」
 と岩堀さん。いい笑顔だ。
 それにしてもキャンピングカーの気配が混ざった霊柩車って、どんなだろう。
 想像をめぐらした。
 ココは、茨城県龍ヶ崎市にある、霊柩車の製造工場だ。

「とくに、そういうクルマを扱うのが心理的に嫌だというのもとくになかったですから」
 と語るのは、工場を経営する寺山和夫さん。
 社長さんなんですよねと呼びかけると、
「社員は『寺山さん』としか言わないけど」
 岩堀さんたちがいるほうに視線を向けた。会社を興して20年近くになる。

「そういうのが嫌な人はいいますよね。見るのも嫌だとか。工場の中にそういうものを入れるのも嫌だとか。たまたま、わたしは嫌じゃなかっただけです」

 寺山さんが霊柩車の製造販売に関わるようになったのは、それまで一般的だった宮型霊柩車から、リンカーンやキャディラックなどを改造した洋型に切り替わる頃だった。

「そういう高級車の中古車にアンテナを張って仕入れては、霊柩車に改造して販売する。内装もぜんぶ張り替えて、きれいにしてね」

 いきなり霊柩車の製造販売に携わったわけではない。はじめは一般の中古車を扱っていた。
 当初は、霊柩車や葬儀業界に関する知識もなく始めたが、特化していくにつれ業界のことや専門知識が必要だと知り、勉強を重ねてきたという。

 霊柩車の製造工場を初めて訪れたのは2017年12月のこと。茨城県龍ヶ崎市にある「ライフサポート・エイワつくば工場」は、社長の寺山和夫さんを筆頭にスタッフ二人という構成だ。いちばん多かった時の社員数は、社長や事務を含め5人。社名からすぐに霊柩車に結びつきにくいのは「手広く、なんでも扱えるようにする」計算だったという。

 ところで霊柩車といえば、竜の彫り物などを載せた絢爛豪華な高級車をイメージしがちが、それはもう昔のこと。お葬式のシンボルだった宮型霊柩車は姿を消し、現在は「洋型霊柩車」といわれる、一見したところ目立たないものに様変わりしている。

洋型霊柩車とは

「洋型霊柩車」は4ドアの乗用車の後ろを長く伸ばしたクルマで、後ろの扉を開けて内部を覗くと、後部座席のスペースは棺を載せることが出来るように改造されている。「棺台(かんだい)レール」といわれる、棺をスムーズに収納できるステンレスの装置が設置されているのが特色だ。
 そもそも特殊車両である霊柩車はいったいどこで、どのようにして作られているのだろう?
 それが今回のルポの目的だ。

 用途は限定されるため、量産向きではない。以前、消防車はメーカーが一台ずつ受注生産していると聞いたことがあった。だから、霊柩車も同様にどこかの自動車メーカーが特注で生産しているものだと思いこんでいた。
 なんとなく「霊柩車両部」というようなものがあり、専門チームが開発に取り組んでいる、というようなことをイメージしていた。

「ああ、そういうんじゃないですよね」
 寺山さんは微笑する。
 この時点で業界のことはなんも知らないのは、バレバレだった。

 寺山さんの工場を紹介してもらったのは、関西で葬儀社を営むミズノさん。東日本の震災の年になくなった父の葬儀の際に、霊柩車を運転していたのがミズノさんで、わたしは助手席に乗せてもらった。
 火葬場に向かうまでの30分くらいの間に会話したのが縁となり、関西に帰省した折に何度か会うようになった。そういえば、乗車したその霊柩車を作ったのも、この寺山さんの工場だ。関西にも、霊柩車を販売している会社はあるのに、求めているものがなく、わざわざ茨城県まで訪ねていったという。

「霊柩車は、自動車会社が発売した新車を改造するか、中古車を改造して霊柩車にします。自動車メーカーが生産するなんてことはありません」

 寺山さんの説明に思わず聞き返していた。
 出来立ての新車を改造するわけですか?

「そうです。昔は新車を改造していましたが、いまは中古車を使うことが多くなっていますけど」

 まっさらの新品を改造するって、もったいないというか、なんだか二度手間に思えた。繰り返し聞いてみたが、自動車メーカーが霊柩車仕様に特注生産するようなことはないそうだ。少量生産なだけに経済的メリットがないのと、イメージ的なことも関係しているのだろうか。

 工場内をぐるりと見回すと、左手に車両が並べられている。自動車のショールームと変わりない。改造を終えたもの、これから改造にとりかかるものなど10台ちかい。
 右手に目をやると、中央に三階くらいの高さのある大きなヤグラが置かれている。いったい何に使うのだろう?
 さらに向こうには、白い小型バスが止まっていた。

 定員22人の小型バスは、車体の後部が四角い窓状に切り取られていた。扉を付けて、ここから棺を運び入れるのだという。
 車内の片側の座席を取り外し、そこに「棺台レール」を取り付け、臭気を外に出すための換気装置を施してゆく。発注主はミズノさん。この日は作業の進捗状況を確認のために出張するというので、便乗させてもらったのだった。

 ここで疑問がひとつ。霊柩車といえば「黒色」だろうに、バスの車体はオフホワイトだ。黒く塗りかえるのだろうか?

「いえ、この色のままです。希望があれば黒くしますが、ミズノさんから、この色のままでいいという注文でしたから」

 バス型の霊柩車というのを見たのも初めてだし、それが白色だというのも驚きだった。

小型バスの霊柩車 

 バス型霊柩車の利点は「家族葬」などの少人数のお葬式の場合、一台に家族親族が乗り合わせて火葬場に向かうことができる。クルマを連ねる必要がないため、お客さんにとってもコスト節約になる。いいこと尽くめのようだが、寺山さんに話を聞くと受注は多くないそうだ。

「むしろ減少傾向にありますね」

 霊柩車全般に言えることだが、寺山さんのような工場での霊柩車への「改造」は一台ごとのオーダーメイドになる。

「同じバス型でも、座席からホトケさんを見下ろすのはよくないから、棺を載せる台のところの高さを、あと何センチ底上げしてほしいという発注があったりします」

 なるほど。細やかな気配りということか。

「そうですね。棺を入れるのも、たいていは後ろからですが、横から入れたいという場合もあります。そうすると、ドアも付け替えないといけない。そういうふうにして細かく見ていくと霊柩車は一台一台、仕様が異なります」

 地域の特性や発注者の考え方によって違いが出る。以前、ご夫婦でオーダーメイドの靴屋をやられている職場を取材させてもらったことがあるが、同じように見えて違うというのは、似ているなぁと思った。
 しかし、どうしてバス型の需要は減っているのか?

 寺山さんが、じっと見返してくる。
 わたしの質問に、どれだけ霊柩車業界について知識をもっているのか考えている読み取ろうとでもしているのだろうか。
 もちろんゼロに等しいのだけど。

 これは想像ですが、と寺山さんが教えてくれたのは、こういうことだ。
 ホールから火葬場に行くのにマイカーの人たちが多いため、火葬が終わると現地解散となる。「初七日」の法要を省くなど、簡略化した葬儀が増えているのと関係しているらしい。
 お葬式のシンボルだった宮型霊柩車が消えていったのも、ホールや火葬場近くの住民からよせられる「見たくない」という声に配慮していった結果だといわれている。

「それでも依頼されるからにはミズノさんなりの勝算があるんでしょうね」

 ベースとなる小型バスは、寺山さんが独自のルートで仕入れてきたものだ。
「バスは、お客さんからこういうのがほしいとオーダーを頂いてから探します」
 それだけ需要は限られているということだ。

 仕入れる先は法人のリース車両が多く、どうしても走行距離の長くなるので「状態のいいもの」を探してくるのがカギとなる。ちなみに販売価格は、仕入れ値に、加工賃と利益を加えたものになる。ここまでは一般的な中古車販売と変わりない。

「お客さんとの商談は、工場でします。車が置いてあるところでないと意味がないですから」
 霊柩車の顧客はホームページに掲載した画像を見て、あらかじめ購入車を決めてやってくるそうだ。

「もうひとつ。ここでないといけないのは、本当に現物があるのか。初めてのお客さんだと極端な話、会社が存在するのかという不安もあるでしょうから」

 冗談めかした口ぶりだが、頻繁に購入するものでもないだけに、初めての取り引きだと、お客さんの側も不安になるでしょうと言う。
 ちなみに「お客さん」は、大小様々な葬儀社やご遺体搬送会社をさす。商圏も、北海道から九州まで幅広い。

「どんなに遠方でも、わたしがトレーラーに載せ運んでいきます」
 社長が自ら?
「はい。運転は好きなので」
 と寺山さんが笑う。

「なかには、いきなり300万とか500万円とかの代金を振り込んでくるようなお客さんもいます。『さっき振り込んだら、持ってきてね』と(笑)。
 でも、そうは言っても不安でしょうから、逐一いまこうなっています、と整備の状況を伝えるようにしています」
 逐一というのは、改造を終えて完成品となるまでに数ヶ月かかることもめずらしくないからだ。

「このバスも法人の持ち物だったんですが、車体の横に、うすーく会社のロゴが見えるでしょう。このシールの跡を磨いて、それでも消えないときには、もう一回塗装をします」
 うっすらとでも前のロゴが見えてはいけないものなのだろうか?
「お客さんには、そうでないと受け取ってもらえませんから」
 仕事なんだから当たり前でしょうでもいうように笑い返された。

「もちろん車体のキズもぜんぶ直します。新車同様とまではいかないまでも、霊柩車として使うのに恥ずかしくないものにします。葬儀屋さんも、お客さんを乗せるのに、きれいなバスがいいですから」

 言わずもがなの説明だったのだろう。
 初めて工場を訪れたこの日は日曜で、じつは冒頭に登場する岩堀さんも、もうひとり、先輩格の山下さんもお休みだった。そこで工場が稼動している様子を見たくて、日をあらためて出直し、おふたりの作業の様子も見せてもらうのだが、それはまた。
(つづく)

👆白の車両も霊柩車だ。レースのスタート前のように、先頭を同じ位置にして並べてもらうと、一台一台の長さのサイズのちがいがわかる。

〇次回は、霊柩車の製作についてより詳しく。
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ありがとうございます!!
41

朝山実

霊柩車工場見学記

どのようにして霊柩車はつくられているのか? 工場を見学してきました。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。