「PDFは何が良い?」「X-4でお願いします」について

印刷用データのPDF入稿について「X-4で」っていうと、
結構な頻度で「RGB含めて良いの?」って聞かれる。
いやいやそうじゃ無い。

印刷用データを入稿するのにはこれだけの前提があってね、っていうエントリーです。

※注:弊社の基準なので、他所のお仕事とそぐわない部分があるかもしれません、ご容赦ください。


まず、PDFを書き出すよりも前の部分。

●Ai ドキュメントのカラーモード
 CMYK一択
●Ai アートボードの設定/Indd ページサイズの設定
 仕上がりサイズ推奨
●RGBオブジェクト・RGB画像
 許容しない
●リンク画像の実効解像度
 300ppi以上が望ましい
 高すぎる実効解像度は不要・容量の無駄
 QRコードその他例外は多くあるので、一概には言えない部分も
●分版状況・不要特色の除去
 徹底した確認を推奨
 印刷に使用しない色は使わない
●オーバープリント設定
 ノセイキ出力では必須
●ヌキ指定オブジェクトの自動ノセ対策(99%とか+1%とか)
 ノセイキ出力指定なら要らないものだけど、お守りとしてなら

※古い因習・おまじないへのアンチテーゼとして
●テキストのアウトライン化
 一切不要(PDFへの埋め込みをサポートしない等特殊なフォントを除く)
●アピアランスの分割・統合
 不要と考える
●リンク画像
 .epsを積極排除 保存形式.ai/.psdの優先選択 を推奨

ここまでで、ようやく前提終了。

その上で、X-4入稿を推奨。書き出しプリセットのパラメータを文字に起こすとこんな感じ。
●準拠規格
 X-4:2010
●単ページor見開き
 単ページ
●各種Box設定
 アートボード・ページサイズと裁ち落とし幅が適正であれば
 アプリケーションデフォルトままで
●トンボ(オブジェクトトンボ)の有無
 有り
 カラーバーやページ情報は不要
 (元データのアートボードとの関係)
●画像の圧縮・ダウンサンプル
 圧縮は無しorZIP
 ダウンサンプルは無し
●カラー変換
 変換しない
●フォントサブセット
 デフォルトまま100%

長いよね、冗長っすよね。うんわかってる。
でも、ほんとは「X-4で」と一緒にこんだけの情報量を言いたいのです。

質問者が聞きたい内容と、回答者が理解把握してほしい情報。
この不均衡を解消できる説明力(ぢから)が欲しいものだす。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

モリオ

主戦場はTwitterでござる。https://twitter.com/moriwaty

DTP・印刷関連

DTP・印刷関連
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。