どうしても自分でやりたい

結局、製本機を購入することにしました。

先日noteにて「製本機見に行ってきます」とお伝えしたのですが、

やっぱり見たら欲しくなってしまったし、きっとコレがあればできることも広がるはず(少なくとも選択肢が増えるはず!)ということで。

まずは「自己分析ノート」を自分で製本してつくってみようかな、と思っています。

自分で製本するメリットは、前のnoteにも書いたようにほぼ100%自分たちで責任

もっとみる

PrintChaser③破棄管理機能-Paper-X

今までPrintChaserのログ管理機能・印刷制御機能のご紹介を致しました。

印刷に関する様々な情報を分かりやすく管理することができるログ管理機能、重要情報を自動判別し印刷時に制限をかける印刷制御機能。どちらも紙媒体からの情報漏洩や不正持ち出しに有効な機能であり現在でも必要なものであると言えます。

しかし、PrintChaserの機能はそれだけではありません。オプションとしてPaper-Xと

もっとみる

活版印刷の魅力

三連休に、紙博とTABFに行ってきました!

買いたかった写真集や思わぬ紙との出会いがあり

ほくほくです。

TABFで購入した、ALBATROさんのはがきを紹介します!

活版印刷です!

紙は、OK ACカードのましろ

インクは、ゴールド、シルバー、ホワイト、メジウム、ガソリンを使い

版の上にちょんちょんとインクをのせ、伸ばして刷ってあります。

均一ではなく版の上で混じり合うので、

もっとみる

「非デザイナも10分でさっくりわかる!?」解像度についてまとめてみた(デジタル編)

こんにちはデザイナの山中です。
普段は公私ともにゲームのプロモーションに使われるデザインを作っています。

今回は前回の解像度まとめの続き「デジタル編」です!

このnoteもだれかのお役に立てれば幸いです!(間違ってる事あったらコメントで教えてくれたら嬉しいです!)

はじめに

前回と同じく「このドキュメントを見た方が適切な解像度を自分で考えてデータ作成が出来る!」のが今回のゴールです。

もっとみる

【番外編】ちょっと古いMacを便利に使えるようにいじってみたら大変だった件

※「note」は出版関係などの読者も多いということで、Facebookのnoteに書いたものの転載です。ごく一部の旧環境を維持したいMacユーザーには、お役に立てる情報かもしれません。ただし、How-Toや手順ではなく、実際に起きたトラブル、大混乱をそのまま文章で追いかけていますので、読みづらいと思いますが、その辺はご容赦ください(たぶん同じことをやろうとする方は、全く同じ道を辿るため、あえてそう

もっとみる

キレイに仕上げるには「紙の目」が大事

紙にも「目」がある、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。しかし紙や印刷に関わる業界では馴染み深い言葉で、紙を抄くときにできる繊維の流れのことを言います。この紙の目には「縦目」と「横目」があり、下図のように、紙の長辺に対して紙の目が平行なら縦目の紙、垂直なら横目の紙ということになります。

縦目と横目。この違いが印刷品質に大きな影響を与えます。たとえば本の場合、紙の目が製本の背と垂直だと、ペ

もっとみる

少し特殊な出版物の流通システム

出版業界の流通を支える独自の制度「取次制度」「再販制度」「委託販売制度」。出版流通に詳しい人ならご存知かもしれませんね。今回は、これらの制度の簡単な説明と、出版流通には欠かせない「スリップ」についてご紹介していきましょう。

書店に並ぶ本を手にとってみると、半円形の切り込みが入った二つ折りの紙が挟み込まれています。この紙の正式名称は「スリップ」です。他にも「短冊」とか、切り込み部分が丸いため「ボウ

もっとみる

本作りには欠かせない「目印」

もし捨ててしまう本があれば、背の部分をはがしてみてください。本のタイトルやベタマークが見えると思います。これは「背丁」と言い、乱丁や落丁を防ぐための大事な目印です。しかしなぜ、製本された後は見えなくなってしまう場所に印刷されているのでしょうか。

本は、印刷用紙を16ページや32ページ等の単位に折りたたんだ「折本(折丁)」を複数重ね合わせて作られます。ところが印刷現場には多くの折本があるため、他の

もっとみる

PrintChaser機能②印刷制御機能-承認後印刷

PrintChaserの印刷制御機能の一つとして前回はマスキング印刷をご紹介致しました。

マスキング印刷は設定された重要情報を自動判別し、その部分を※で隠す機能です。これにより重要情報の印刷への注意勧告、重要情報を持ち出させない体制を構築可能にします。

しかし実際の業務を想定すると、重要情報を取り扱う頻度が多く、それを持ち出す部署・部門も数多くあると思います。そこではマスキング印刷の機能はかな

もっとみる

PrintChaser機能②印刷制御機能-マスキング印刷

PrintChasrerの機能として前回はログ管理機能をご紹介しました。

様々なログ管理機能で不正な印刷を監視することができます。

PrintChaserには他にも不正印刷を防止するための機能がございます。

それが今回ご紹介するのは印刷制御機能です。

印刷制御機能とは?

印刷制御機能の前に下方のPrintChaserの全体構成図を見て頂こうと思います。

まずクライアントPCにPrint

もっとみる