小鳥遊みちる【5/6文学フリマ東京】

双極性障害Ⅱ型を患いながら30代から作家を目指す。個人サークル「天鏡ラボラトリー」で活動。好きなジャンルはSF。サイボーグやアンドロイドが好き。現在自宅療養中。11月29日生まれ。福島県郡山市出身。千葉県在住。 VALU:https://valu.is/mt316

バ美肉おじさんの憂鬱

「バ美肉おじさん」という言葉をご存知だろうか。「バーチャル美少女受肉おじさん」の略で、昨今流行りのバーチャルユーチューバーなどで美少女になりきるおじさんのことである。何を隠そう、俺はバ美肉おじさんなのだ。おじさんってほどの歳でもないけれど。

最初は自分好みの3Dの美少女モデルを作ってみたかっただけだった。ところが、いざ完成してみたら動かしたくなってきて、やるなら徹底的に、とボイスチェンジャーで声

もっとみる

電子書籍版「双極だけどサバイブしてきた」の予約が始まりました

双極性障害体験エッセイ本「双極だけどサバイブしてきた」がAmazonで予約開始になりました。

社会不安症、うつ病、反復性うつ病の診断を経て、最初の診断から14年経ってから双極性障害Ⅱ型と診断された筆者。閉鎖病棟で記録した入院記、山あり谷ありの人生を振り返ったエッセイ、ブログにも掲載していた双極をサバイブするエッセンスをまとめました。

目次

はじめに
双極性障害って?
これまでの私
電気けいれ

もっとみる

透明少女だったころ~ナンバーガール復活と聞いて三十路女が思い出をつらつらと書いてみる~

ぼんやりとTwitterを見ていたらナンバガ復活・再結成の報が飛び込んできた。ナンバガと言えば私が高校生の頃にハマり、そして解散してしまったバンドである。

そもそもナンバーガールを知ったきっかけが特殊だった。中学までを福島で過ごし、家庭の事情で高校から東京へと越してきた私は、同じく福岡から越してきた少女と同じクラスになる。引っ越してきた者同士仲良くなれたりしないかなと話しかけた彼女こそ、ドラムス

もっとみる

祖父が飲んでいた酒を飲んでみる

祖父は酒飲みだった。

祖父宅に家族で遊びに行くときは、いつも酒屋に立ち寄って、一升瓶をお土産に買ってから向かっていた。

私の両親と兄弟は酒が飲めない。

私だけが飲める口。

おそらく私は祖父に似たんだろう。

それでも私は日本酒にはあまり縁がなく、飲んでみたいと思っても詳しくないし、敷居が高いような気がしてなかなか手が出せなかった。

たまにちょっと飲んでみるものの、銘柄とかもよく分からない

もっとみる

新刊の予告

現在5月の文学フリマ東京へ向けて新刊の準備をしています。

今回は小説ではなくエッセイとなります。

タイトルは「双極だけどサバイブしてきた」。

目次は今のところこんな感じ。

絶賛執筆中です。

興味本位でサクッと読んでもらえたら嬉しいです。

後日電子書籍にもする予定ですので、よろしければチェックしてください。

アイコンを変えました。VALUとTwitterとブログも同じく変えました。心機一転頑張ろうと思います。