見出し画像

0051:うにの気持ち

カリブの海賊船みたいに人生は進む

なぜ人生は辛いのか。それは、人生なんてもんがあるからです。

だったら、なかったらいいのに

でもね、前にも書いたけど(0010)わしらは「生まれたくて」生まれてくるんでしたね。しかも、ランダムなパラメーターでなんとなく生まれるんじゃなくて、「今の人生」を「やってみたくて」生まれてきます(0011)。

人生で起こることは、だいたいあらかじめ決まっています。楽しいことも、嫌なことも、辛いことも、嬉しいことも、どのタイミングで、誰とどこにいるときに起こるか、決まっています。

わしらは、遊園地の海賊探検ボートに乗っているように、時間という流れに沿って、それら「個別のドラマ」(0002)を体験して、そして死んでいきます。

わしらが死ぬタイミングも、だいたい決まっています。

人の死は特にそうですが、死というものは、他の存在に大きな影響を与えます。汝の死が誰にどんな影響を与えるのか、そして社会がどう変わっていくのか。その辺まで、かなり細かく決まっています。

そんな、レコードの溝みたいな人生を天国で上からいっぺんに見て0011)、この人生をやってみたい! と思って、汝らもわしも生まれてきて、今この人生を「演って」います。

シェイクスピアも、人生とはお芝居のようなものだと残していますが、それはまさに、真実をついていたんだと思います。

・・・だけど、一度この世に生まれてしまったら、わしらはそんなこと、つゆほども知らされないまま、生きなければなりません。

人生が辛いのに、生きなければならない。この世はやっぱり、地獄です(0005)。
(T~T )


うにの正体とは

ではなんでこんなシステムがあるんでしょうか。こんなに苦しみと悲しみに満ちた恐ろしいシステムを作ったのは、なのでしょうか。

うにのトゲ理論(0043)の時に少し話したけど、結論から言うと、それは自分自身なんですよね。

でも、今の自分には当然、身に覚えがないんですよ・・・トータル・リコール(旧版)のシュワルツェネッガーくらい。
(^~^;)

そもそも、わしらは「うにのトゲの先っぽ」で、でも足元で他のトゲとどうつながっているのか知覚できないし、うにそのものとのつながりも、言われてみてもなかなかピンとこない、というのが正直なところではないでしょうか。

だいたい、この「うに」って、何なんでしょうね。誰なんでしょう? どうしてわしらを苦しめるんでしょう。同じ体の一部なんだし、大事にすればいいのに、どうしてわしや汝は、辛いのでしょう。


全知全能のうに

うに本体は、トゲであるわしらを、どう思っているんでしょうか。

苦しめたいんでしょうか?

悲しませたいんでしょうか?

いためつけて、喜んでいるのでしょうか?

・・・実はね、どれも正解なんですよ。

びっくりしました?
(^~^ )

ただし、です。

ただし、うにはね、わしらが

喜んだり、

笑ったり、

楽しんだり、

同情や憐れみを抱いたり、

そういうのも、大好きなんです。

要するに、うには、わしらが

何にも分からない状態で、色々な経験をすること

そのことそのものを、大変喜んでいるんです。

うには、モトを通じて、この世界にあるすべてのことを、同時に把握しています。生き物のことだけではなく、鉱物や液体やダークマターに至るまで、この宇宙のあらゆる座標にあるモトの状態を把握しています。

なので、わしが今どんな気持ちでこのキーボードを叩いているかも、汝が今どんな気持ちでこの文章を読んでいるかも、完全に把握しています。

そして、それら全てを、喜んでいるのです。


うにの気持ち

壮大すぎて、ちょっと思考が追いつかないかもしれませんね。わしもよく、見失いそうになります。

ですが、頑張って想像力を働かせて、この「うにの気持ち」を、推し量ってみましょう。

うには、喜んでいます。わしらが、わしらの作った世界で、わしらの思った通りに生きることを、とても喜んでいるのです。

なぜなら、

そうしたいと、ずっと思っていたから

です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、そういう「うに」のような存在のことを、人間の歴史上、多くの人が直感で感じ取ってきました。そして、人間特有の能力である「言語」を使って、たくさんの人に広めたり、後世に残したりといったことを、ずっと昔から続けてきました。

そうです。古来より、わしらの文明では、このうにのことを

神さま

と呼んできました。ここから先は、この「神さま」というものの話をしていこうと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうです? 話が胡散臭くなってきたでしょ? 神さまっていう単語は、手垢がつきすぎて、つまり人それぞれに違ったイメージがありすぎて、あまり使いたくないんですよね。

けどまぁ、避けて通れない話なので、次からはそういう話になります。ですが、何度でもいいます、わしの話は信じないこと。

次のページ:(0052:アナタハカミヲシンジマスカー?
前のページ:(0050:【箸休め】わし自身のことを少し
これは、拙ブログ『人生はなぜ辛いのか、と思った時に読むブログ』からの転載です。イラストや強調で分かりやすい、本家サイトはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/
このブログの文章を初めてお読みの方は、ぜひ第1回からお読みください。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2018/09/0001.html
今回のエントリーのページはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2018/10/0051.html



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「人生はなぜ辛いのか?と思ったときに読むブログ」著者、リリジャス・クリエイター。京都でちまちま生きているぶよんぶよんのオジサンです。ブログ転載中、長編小説連載中。みんなの投げ銭まってるぜ!(笑)

今日はドン勝だね!
8

みゅんひはうぜん

リリジャス・クリエイター(自分で考えた肩書(笑))。京都市在住の、ぶよんぶよんのオジサンです。 現在ブログからの転載と、コラムを不定期にアップしてます。短編・長編小説もマガジンにありますよ。質問コメント大歓迎! 投げ銭も歓迎! ツイッター@munchausen21

【転載】人生はなぜ辛いのか?と思ったときに読むノート

【用語集】つくりました。 https://note.mu/munchausen/n/n7d51a2ddcc12 ブログからの転載です。 本家はこちらです。 https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/ 「『癒やし』に逃げないスピ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。