星が欲しい。

ある日、私は思い立った。
『そうだ!あの星を掴んでしまおう!!』
私はずっと欲しくてたまらなかったのに、今までそれをしてこなかった。私は全身の力を脚の筋肉に全て注ぎ込むように、思い切り地面を蹴り飛んだ。
思いっきりだ、それは、縄跳びや跳び箱を跳ぶような、そんな柔な力ではない、
全身全霊で、星を掴むために飛んだのだ。
飛んだ、私は飛んでいた。
星に向かい星に照らされ飛ぶ私は、一体どんな顔をしているのだろう。

星は、目の前に。

そして、掴んだ。

決して放さず、そして地面に着地した。
心は浮き足立っていた。
ずっと欲しかった、あの星を、今手にしている。
掴んだまま胸に抱え、ドキドキしていた。

しかし、ふと気付いた。
おかしい、光が無い。

星、眩い光、指の隙間から溢れてもおかしくないはず。

私は、手を開いた。

持っていたのは、ウニだった。

頭は混乱を起こす、何故ウニがここにあるんだ。
私は、飛んだはずなのに。
突然激痛に襲われる。
ウニの棘が、掌いっぱいに刺さっていた。

私は怒り狂い、ウニを地面に叩きつけるように投げた。

ウニがパカっと割れた。

『・・・。』

私はウニを食べた。
脚は折れていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂き有難うございます。サポートして頂けましたらとても励みになります、また助かります。。。m(u_u)m

ありがとうございます!^^
15

Nami

詩、短編小説、言葉集。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。