見出し画像

ネタにする手段

女性が集まってワイワイと恋の話を繰り広げる番組「グータンヌーボ」を見ていたら、ゲストの青山テルマさんと横澤夏子さんがこう話していた。

「どんなことでも、ネタにできる」

青山テルマさんは歌に、横澤夏子さんは笑いに変えるのだと。そういう意味では、同じですねと。

それを聞いて「わたしもそうかもな」と思った。わたしは歌も笑いも作れないけれど、文章なら作れる。嬉しい気持ち、楽しい気持ち、悲しい気持ち、悔しい気持ち、そのすべてを言葉に込めて、文章を編むことができる。どんなこともネタに変えられる手段を持っている、と。

書くことは、手段だ。書いた結果できたものに意味があるのはもちろんのことだけど、わたしにとっては書くことそのものにも意味があり、価値がある。それを自己表現といってもいいし、デトックスだというときもあるだろう。名前はなんでもいい。とにかく、内にふつふつとわき出る感情を外に出して、なんとか形にして、昇華させてやることができるのだから、これはきっと幸せなことなのだ。

2人の会話を聞いて、ふとそんなことを思ったのだった。

#日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!٩(ˊᗜˋ*)و
4
仙台のフリーライター兼、ゆるっと乙女ゲーマー。noteでは創作活動やったり、思い立った駄文を書き連ねたり、たまに毒を吐いたり。好き勝手書いてます。お仕事いつでも募集中。ブログはコチラ→https://nanaonao.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。