第2回シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会|フードトレーサビリティー・本人認証・投票システム

日々進化しているブロックチェーンの世界、可能性が広がるブロックチェーンの基礎・動向・応用した取り組み事例を学び合いながら、私たちが未来に向かって何ができるのか、どのように活かすのか。

7月第2水曜日・第4水曜日に、第2回ブロックチェーン研究会を行いました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
*人数と会場の都合上、2回に分けて開催しておりますが内容は同じです。

◎第2回ブロックチェーン研究会|2018年7月11日(水)・25日(水)開催
(適宜質疑応答とシェアタイムありの参加型勉強会です!)

・なぜブロックチェーン技術が生まれたのか
・信用の基盤として、現在どのような開発・実用化されているのか

ブロックチェーン活用・取り組み事例(フードトレーサビリティー・本人認証・投票システム)の紹介や、書籍 The Truth Machine:The Blockchain and the Future of Everything(基礎の積み上げ、論理の組み立て、歴史的な事件も含めて大変わかりやすく書かれています)などを使って、藤原直哉が日本語解説。

#正確性と透明性と迅速性とブロックチェーン #マンゴーの一生とブロックチェーンで生まれる4つの効果 #ブロックチェーンはEcoSystemという考え方 #不特定多数が参加するシステムの強靭性とブロックチェーンの信用性の根源....などなど、当日の動画(02:34:46)は、下記よりご覧いただけます。

*質疑応答・シェアタイムの部分で、参加者の方や特定の個人等を識別できる部分につきましてはカットされていますので予めご了承ください。

◎次回は、8月8日(水)12時〜開催の詳細は、こちらから。
ブロックチェーンを身近に感じていただきながら、ブロックチェーンの基礎や動向を学び合い、私たちの暮らしにどのように活用できるか、仲間とともに未来を考え創っていけるような研究会として続けてまいります。

この続きをみるには

この続き:2,966文字

第2回シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会|フードトレーサビリティー・本人認証・投票システム

藤原情報教育研究所|藤原直哉

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会

毎月第2水曜日12:00〜15:00 開催中(2018年6月〜) 適宜質疑応答とシェアタイムありの参加型勉強会です! インターネット以上に世の中を変える新しい信用基盤の構築、ブロックチェーンについての海外情報(英語版を日本語にて解説|藤原直哉)をもとに研究しています。 ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。