第14回ブロックチェーン

第14回ブロックチェーン研究会/慈善事業・非営利事業/一年経ったら浦島太郎、石器時代になってきている日本

“ブロックチェーンの本当のポイントは、技術以上に、今までの仕組みをどのように分散型に変えて運営していくのかのアイディア競争です”
“社会の構造をタテからヨコに根本的に変えていく、その営みがあらゆる分野でほぼ同時に広がってい流のです。それを実現する中核に、ブロックチェーンがあるのです”
“一年経ったら浦島太郎ですよ。なぜ、日本が石器時代になってきているのか考えてみてください”
経済アナリスト・藤原直哉(藤原情報教育研究所)

日々進化しているブロックチェーンの世界、インターネット以上に世の中を変える新しい信用基盤の構築、ブロックチェーンについての海外情報(英語版を日本語にて解説|藤原直哉)をもとに研究している「シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会」。

第14回特集/慈善事業・非営利事業
2019年/令和元年8月28日(水)開催

・慈善事業とは何か
・大陸法とアングロサクソン法
・古代ローマからの大陸法
・国境の中で通用する法律と国家を成り立たせるための法律
・国境を意識することなく世界中で交易・金融取引をするアングロサクソン法
・慣習法もアングロサクソン法
・定住民の法体系である大陸法
・移動民の法体系であるアングロサクソン法
・お金の集め方が根本的に違う2つの法律
・投資信託Trust_アングロサクソン法
・どのような形でお金を集めてもお金の出し主が最後まで権利を持つ信託
・基金Fundation_大陸法のおけるお金の集め方
・お金を出した人の権利はお金を出した段階で消滅する基金
・営利企業では抜け落ちる部分の基金
・慈善事業の透明化とブロックチェーン
・基金に対する拠出と組織の運営をはっきり分ける
・寄附する人の信用を再構築する慈善事業団体
・$1がどこに使われているのか
・目指す目的の実効性を可視化
・寄附100%を分配する慈善事業団体
・既存の紙ベースでの監査では検証できない問題
・業務と会計の帳簿が一つになり、同時にブロックチェーン上で管理
・銀行口座を持っていない人たち個人個人に直接届けるための本人認証と仮想通貨のお財布
・途中の支払い業者不要
・世界の慈善事業の取り組みとブロックチェーン 
・ブロックチェーンで世界の難民の子、貧困の子を救う
・イギリス国内でのホームレスを救う慈善事業
・使い道に困っている暗号通貨保持者
・社会貢献への暗号通貨利用
・書面申告と確認が不要、自動化できるスマートコントラクトの活用
・ものやサービスの流れの検証に極めて強力なツール
・寄附者の信用につながる組織運営の透明性
・現地の援助団体や企業を通さずに個人に届けられる
・家族の絆に基づいた信用での緊急個人認証ID
・ビットコインビザカードでの難民救済
・ホームレスをまた社会人に救うプロジェクト
・私はこの人を救いたい!を認証
・社会のニーズと組織の問題をブロックチェーンを使って解決しようとする広がり
・国家から保護を受けない難民
・公的な身分証明書を持っていない6500万人
・指紋と光彩での本人認証登録と電子財布
・あくまでも本人許可ありきで相手のアクセスが可能になる
・直接認証P2Pのチャリティー慈善事業
・不正を防ぐ腎臓移植のプロセスとブロックチェーン
・病院のように患者のデータは保持しない慈善団体
・臓器移植の待ち時間を減らしたい
・人の命を救いたい
・臓器移植のマッチングの可能性を高めたい
・生徒のパフォーマンスに基づいて先生のインセンティブを高める基金
・寄附者は学校の現場を確認することができる
・本人がその気にならないと上手くいかない事情
・資本を入れて、営利団体がSDGsに取り組む背景
・副業や片手間でやるものではない
・公害問題で戦うのではなく、公害が出ない仕事を始めた企業
・莫大なイノベーションがあって今がある
・透明性を高めて新しい資本を集めること
・クラウドファンディングの変化
・イノベーションのアイディアと社会をどうするかのイメージでシステムを組む
・イメージ先行型で社会もどんどん変わっていく
・技術以上に、システムを組む人の思想の問題
・リーダーの見識がないと搾取の問題になる

8月特集/慈善事業・非営利事業(藤原解説)・英オックスフォード大学Saïd Business School Blockchain Strategy Programme 報告とその後その4(樋口)の動画(02:25:24)は、下記よりご覧いただけます。
*質疑応答・シェアタイムの部分など、参加者の方や特定の個人等を識別できる部分につきましてはカットされていますので予めご了承ください。

シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会 今後の日程
9月11日(水)12時~15時/毎月第2水曜日開催中
第15回/10のブロックチェーン イノベーション 

この続きをみるには

この続き:1,396文字

第14回ブロックチェーン研究会/慈善事業・非営利事業/一年経ったら浦島太郎、石器時代になってきている日本

藤原情報教育研究所|藤原直哉

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

藤原情報教育研究所|藤原直哉

一人ひとりがよりすばらしい人生を送っていただけるように、教育事業を通して、さまざまな働きかけをしてまいります。有料会員制サロン「藤原直哉の御用達シェアサロン せんせい、あのね」https://lounge.dmm.com/detail/1270/

シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会

毎月第2水曜日12:00〜15:00 開催中(2018年6月〜) 適宜質疑応答とシェアタイムありの参加型勉強会です! インターネット以上に世の中を変える新しい信用基盤の構築、ブロックチェーンについての海外情報(英語版を日本語にて解説|藤原直哉)をもとに研究しています。 ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。