慈善事業

教科書よりも寄生虫の駆除が学力アップにつながる!?

ICS(インターナショナル・クリスチャン・サポート)と呼ばれる慈善団体では、貧困国の就学率を高めるために、様々な活動に取り組んでいます。例えば、無料の制服や教科書の配布、教員の追加などです。

教科書プレゼント

貧困国では、教科書は一つのクラスに一つしかないほどに足りない状況です。そんな状況であれば、教科書を配ることは有効な案だと感じられます。

しかし調査の結果、成績上位の学生以外には、教科書

もっとみる

お金を貸せば貧困を脱することができるのか?【ボランティアのジレンマ】

「チャンスがないから自分は貧しいんだ。初期投資してくれれば成功するのに」

何か成功のために初期投資が必要という考えは、昔から今も続いています。大きくてきれいなオフィスを作ったり、良い立地で店を開いたりと、お金があると自由度は上がります。確かに初期投資は必要そうです。

ではその考えを延長して、貧しい人にお金を貸してあげれば貧困を脱出できるのでしょうか?

今回は、そんな貧困国でお金を貸してあげる

もっとみる
うれしいです!明日も頑張ります!よければフォローもお願いします。
2

“ビル・ゲイツの妻”が途上国支援に取り組む理由(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第8回
“The Moment of Lift” by Melinda Gates  2019年4月出版 
*日本語版は2019年秋刊行予定 光文社

マイクロソフト社創業者にして世界有数の大富豪のビル・ゲイツさんは、2000年に慈善団体を設立しました。財団の名前はビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団。メリンダさんはビル・ゲイツさんの妻です。設立当初、財団名を知って、

もっとみる

"消費される"ということ。

先日、知人が洋服のブランドを立ち上げた。ネットショップも開設したようだし、面白そうなので久しぶりに会って話を聞くことにした。

彼は"自分には服のセンスは確実にある。ただ、ソレを作ること以外に割く時間が勿体無い。周りとの熱量が違う。作業が思うように進まない。"と話していた。

彼が今、求めている「一眼レフを持っている・暇がある・身長もそこそこ丁度良い女」という条件を私が満たしていたため協力を煽られ

もっとみる

『哲学』の散歩道 Vol.6「善意の謂」

今日は、「善意」について語る。

お題を「善意の謂」としているが、「謂」とは、いわれとか、そう伝えられているニュアンスとして使っている。

今回は、全体として愚痴っぽい語りだが、今のわが国の現状を、あえて少し辛辣に描写してみた。

「善意ある社会」

表面的な「善意」を掲げている会社や企業体は数知れない。そして病院の理念には「慈善」を掲げていることがほとんどだ。

特に医療は、教育、福祉と合わせて

もっとみる

不良を懲らしめて改心させる!は正しいのか?

興味深いドキュメンタリー番組が海外で放送されました。その名も「スケアード・ストリート!」。

スケアード・ストリート!

スケアード・ストリート!の内容は10代の非行少年少女を刑務所に連れていき、3時間過ごさせるというものです。刑務所暮らしの恐ろしい実態を知ることで、少年少女を非行の道から遠ざけようというものです。

実際に刑務所で少年たちは囚人からの威圧を受け、鎮静のために囚人がレーザー銃で打た

もっとみる
うれしいです!明日も頑張ります!よければフォローもお願いします。
3

少し人生観が変わったこと。新しい試み。

*写真は香港で買ったペーパーアート

久しぶりに投稿します。

というのも、最近新しい試みの準備をしてたんですね。

平たく言えば、支援活動みたいなもんです。

主に在日中国人の、みたいな。

最近少し、自分の人生観が変わりました。

今までは、少なからず自己の活動をビジネスとして成り立たせようと、考えていたんです。

労力は稼ぎに転換しないと、という考えです。

それは、私が拝金主義者だから、と

もっとみる

【Binance week 2019、ブロックチェーンと寄付活動の関係性とは?】

1月下旬にシンガポールでは、世界最大の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)により、
大規模なカンファレンスが4日間にわたり開催された。

※バイナンスウィーク 詳細
https://www.binancefair.com/

このカンファレンスでは、ブロックチェーン業界を牽引する70名を超えるゲストスピーカーが世界各地から集まり、ディスカッションが行われた。業界の最先端の動向、注目のトピッ

もっとみる

白人セレブ&貧しいアフリカはもうたくさん「白人救世主願望はアフリカでは通用しない」◆今日のアフリカ記事

「白人セレブ+貧しいアフリカの子供」というステレオタイプはもう十分という話。とはいえ集金効果はありそうだし、まだ時間のかかりそうな問題。

「英国の慈善活動の白人救世主願望はアフリカでは通用しない」

何年も何年も私たちは同じ写真を見ている。登場人物は違うが同じ写真だ。
サブサハラのどこかで、白人セレブが地元の子供を抱いて、開発プログラムやNGOへの募金を呼びかけるものだ。

英国は世界でも慈善募

もっとみる