見出し画像

8月22日公開セミナー「確実に売れる店舗を創る方法」レポート②

前回、「今のリソース、今ある資源でどうしたら黒字にできるのかを考えなきゃいけない」というところで終わりましたが、今回はどういう状況でその考えに至ったのか、なぜそう考えなければいけないのか、そんな話を中心にお送りします。

独立したての人、赤字で悩んでいる人、売り上げが伸びている人、そして、店長や経営者から、現場で働くメンバーまであらゆる立場の人が考えなければいけないポイントになりますので、是非お読みください。

最近はボクが受ける事業再生の難易度がどんどん上がってるんですよ。
以前は、元々黒字になる資質があるのに、従業員が不正していたり、従業員がやる気なかったり、殺伐とした雰囲気で離職率が高く、採用コストがかかりすぎて赤字になっていた企業とかを請け負っていたんです。

ただ、この前入った会社はベースもダメだったんです。どうしたらいいかを考えるんですけど、数か月間で教育だけで黒字にしていくイメージがボクには描けず、今あるリソース、今ある資源で黒字にする方法を考えなきゃいけないって思ったんですよ。

皆さんそれぞれ自分で変えられること、変えられないことはあると思うんですが、今のリソースで、今この瞬間に売り上げを20%上げようとした時に何をしていかなければいけないか。
教育で従業員さんのモチベーションを上げていくことは、もちろんやって行きますし、それで売り上げは伸びていきます。店舗の中にスーパースターがいると、その人が離職したら売り上げが落ちるんじゃないかってリスクもあったりしますが、それは時間を掛けて育てて行けばいいと思います。

でも、日々の営業で、ベースとなる売り上げを20%上げるためにはどうしたらいいか、っていう視点で考えたことあります?ボクもなかったんですよ。
お金・人・物は今と変えずに、どうしたら20%上げられるか、そういうシステムを自分たちで構築していく必要があるわけです。今までボクはこの分野の勉強をやってなかったんですが、なぜかって言うと、今まではそうしなくても売り上げが上がる会社を担当してたからなんですよ。

例えば、三枝さんや稲盛さん、V字回復請負人みたいな人がいるじゃないですか。この人たちって何百億、何千億って負債を返していくわけですから、ヤバいくらいにすごいと思うんです。
自分はまだまだですけど、その領域に踏み込んで行く上で超えなきゃいけないと思ったハードルがここにあって、とにかくベースを黒字にしていくこと。何かをコストカットして黒字にするのではなく、今のリソースを最大限活用して、売り上げを伸ばしていかなきゃいけない。それをやらずに従業員満足度なんて語れないと思うんです。

黒字になる資質があれば、従業員満足度を上げれば売り上げも上がるって思ってたし、それは今でも思ってますけど、ベース自体が赤字で、うまく行ってない会社に入った時に、教育だけでは限界を感じたわけです。
もちろんボクが入ってトレーニングをすれば、売り上げは伸びますが、伸びても赤字なんですよ。そんな状況だと「やっても無駄なんじゃないか」っていう空気が蔓延しちゃうんです。今はその会社も上手く行き始めたんですけど、うまく行き始めた理由って、今のリソースで黒字にすることを考え始めたからなんですよね。

従業員満足度から入ることは間違いじゃないです。ただ、店長や経営者のポジションで考えた時には、まず今のリソースで黒字にすること。今現在黒字だったら、今のリソースで売り上げを20%上げる方法を考える。そしてそのための勉強を重ねること。従業員満足度を語るのはその後なんですよ。

今日は起業したばかりの人が何人か来てますが、最低でも自分の給料を稼げなきゃ、従業員満足度は語れないんです。従業員雇うにしても、起業したばかりの状況では従業員満足度を語れないんですよ。
だからまずは赤字にならないシステムを作ることが必要

最近、事業再生入ったところでは、まず150万円ぐらいかけて事務所のリニューアルをやってもらいました。それまで従業員さんの個人ロッカーや靴置場なんてなくて、みんな自分で毎日持ち帰ってたんです。
でも、そういう設備はあって当たり前のことだと思うんで、そこは最初にちゃんと作ってあげました。そういうベースを作った上で、今のリソースで、どうしたら黒字になるのかをみんなで議論していったんです。

で、先月黒字になったんですが、ここまで来てようやく、「どうやって従業員満足度を高めるか」と、黒字になった成功体験を活かして「どうしたらもっと売り上げを伸ばせるか」ってことを考えられるようになりました。それでようやくボクが今まで受けていた事業再生の土俵に乗ったんです。

こういう話は事業再生だけじゃなくて、どの仕事においても重要だと思うんです。これから事業を伸ばして黒字にするんじゃなくて、今のリソースでこの瞬間に黒字にすることを考えることが大事。
そういうことを最近勉強し始めていて、オンラインサロンの中でも皆さんと一緒に勉強していきたいと思ってることなんで、皆さんの事例も是非共有していきましょう。

今日は福岡から1人来てもらってますけど、15万円だった物販が一気に70万に上がったっていうレポートがあったじゃないですか。もちろんすげーなって思いましたし、実際すごいんですけど、あれは前提としてポップの作り方に則って、ポップを新しく作ってもらった成果なんで、+αの成果なんですね。そうじゃなくて今話しているのは、今あるリソースで売り上げを20%上げるっていう発想なんです。

月15万円の物販がいきなり月70万円へ
https://note.mu/naritanaoto_os/n/nc5e7b7b183f5

時間をかけてやっていくものじゃなくて、今あるリソースでこの瞬間に黒字にしていく。ボクはこの視点がコンサルとして独立した時になかったんです。この視点を持つまで12年かかってるんですよ。
当時、最初の2、3年は土台を作ってとか、そんなこと言ってましたけど、よくよく考えたら独立した瞬間に自分一人のリソースで月30万円稼ぐっていうことを覚悟すれば、その月に稼げたはずなんです。

今日は独立したての人がいますけど、ベースとして稼いでる状態がないと、自分自身もエンパワーメントできないし、周りも巻き込むことができないんじゃないかなと思ってるんです。

っていう話をここまで聞いていただいて、
今のこの環境でどうしたら売上20%伸ばせるか、現場で働いている方は今のこの環境で何をしたらいいかっていうことを、ジャストアイデアで構わないんで、グループの中でディスカッションしてください。
はい、お願いします。

レポートの連載は不定期になりますが、次回もご期待ください。

少しでも興味を持っていただけたら、下記のオンラインサロンを覗いてみてください。きっと悩みも解決できることと思います。

レポート担当:柴田(junx2)

成田直人オンラインサロン詳細はこちらをクリックしてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

成田直人オンラインサロン公式note

成田直人オンラインサロン公式noteです。 小売・サービス・飲食業の未来を語り合、新しい業界の形を構築する「店舗経営2.0」を目指す業界コミュニティ。https://lounge.dmm.com/detail/743/

成田直人オンラインサロンセミナー報告

不定期に行われるオンラインサロン向けセミナーの文字興し。ノウハウたっぷりですのでぜひご自身のお仕事に活かしていきましょう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。