誰と戦っているのか分からない Chapter 1 「酒もあり豚もあり」仲の良い仏教徒とムスリム

 「ディスコに行こう」。
2010年8月29日、ヤラー県ヤラー市在住の仏教徒に誘われた。彼女はソンクラー県出身、33歳。旦那はナラーティワート県出身で、かなり歳上だという。同じく仏教徒。昼間はしがない茶店でドリンクを売っている。棚にはアルコールも並んでいる。

 隣はムスリム専用の飲み屋。アルコールがあるから飲み屋と呼ばれている。地元の人はなぜか、ムスリム専用の飲み屋が存在することを不思議に思っていない。
「ムスリムだって酒ぐらい飲むだろう」。
そんなノリだ。

 彼女いわく、茶店の仕事が終わるのは夜12時、ディスコはその後。友達の誕生日パーティーを開くという。誕生日を迎えるのは、60歳になる公務員のオヤジらしい……。

昼間はダルそうにコーヒーや紅茶を入れている

この続きをみるには

この続き:684文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

世界有数の観光立国、微笑みの国のタイの最南端は、長い間テロが続くムスリムたちの土地。バンコクからマレーシア国境まで1,300キロ超、い...

または、記事単体で購入する

誰と戦っているのか分からない Chapter 1 「酒もあり豚もあり」仲の良い仏教徒とムスリム

masayuki saito

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

masayuki saito

タイ南部国境県テロ取材「今日も現場にいます」

世界有数の観光立国、微笑みの国のタイの最南端は、長い間テロが続くムスリムたちの土地。バンコクからマレーシア国境まで1,300キロ超、いつ終わるとも知れない当地テロを2004年から追い続けて早十数年。今やイスラムテロは世界を揺るがす問題。タイ南部国境県テロ取材「今日も現場にい...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。