言いたいことは言おう。人を嫌いにならないために。

相手が何かしら、「いやだなあ、やめてほしいなあ」と思うことをしたとする。

たとえば約束を破ったり、無視したり、傷つくことを言ったり。


そんなとき、どうするだろう。


ぐっとこらえてがまんするだろうか。

笑顔で「大丈夫」と言うだろうか。


たぶんそうしてしまう人は多いと思う。以前の自分を含めて。


でもそれって同然だけどよくなくて、自分のためにはもちろん、相手のためにも。

相手の行為で感じたネガティブな気持ちを相手に伝えずにいると、そのもやもやは次第に大きくなっていく。

はじめは大したことなかったのに、言わない(吐き出されない)ために腹のなかに溜まって、次第にどろどろとしたものへと変化する。


そして「あいつキライ」「ほんとイヤなやつ」と勝手に相手を嫌いになる。



わたしも以前は、言いたいことを言わずいい人ぶってその場をおさめて、勝手に人を嫌いになっていた。

でもあるときからやめた。


言いにくくても、いやだなあと思ったことはちゃんと伝えることにした。(まあビビりなのでオブラートにつつみまくるけれど)

冗談まじりで「もーほんと怒りますよ!やめてください!」と言ってみたり、優しく「次からはやめてください」と言ってみたり。


試行錯誤しながら、自分の気持ちをちゃんと伝えることを続けてきた。


するとまったくと言っていいほど人を嫌いになることがなくなった

なぜならほぼ100%の確率で、相手も「あ、それはすいません!」「ごめん!」という感じで謝ってくれるのだ。


自分も「いやです」という気持ちを伝えられて、なおかつ「すいません」と謝ってもらえて、もうそれ以上そのことを考え続けることがない。

その人に関するイヤな思い出が一切残らないので、もやもやをためて勝手に嫌いになることもなくなるのだ。



そして不思議なことに、ちゃんと言いたいことを伝えた相手は、その後かなりの確率で以前より優しくなったり、親しくなったり、こちらに対して真摯な態度を取ってくれるようになる


そうなるともはや「この人最高」となり、もうハッピーでしかない。


言いたいことは(言いにくくても)ちゃんと言おう。勝手に人を嫌いにならないために。

いい人ばかりに囲まれて生きるために。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks a lot!
133

ゆかりん/English (世界中で暮らす)

【楽して英語ペラペラ】今ある知識だけで英語が話せるようになるオンライン英会話lilishを運営してます。毎朝8時から英語インスタライブ / 毎日インスタストーリーズで毎日今すぐ使えるカンタン英語を発信中!お問い合わせ: lilish.english@gmail.com

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

1つ のマガジンに含まれています

コメント9件

すえまるさん、アサーティブ・コミュニケーションわたしも初めて知りました!何事も適度なバランスってすごく大事ですよね。思ったことすべて言えばいいってわけでもなく、気持ちを伝えつつ、相手の意図も汲み取る、みたいな風にできるのがいいですよね。
あ、アサーティブ!「伝わる」ことを重視してて、知った時、自分の殻から抜けれた気がした。私にはいつもみえてるこの私、出していかないと相手から見えないのに、その「見えない」が私には見えないから、こんがらがるんだよなぁ。私もなるべく言うようにしてる。思ってることがすとんと文章になってて、嬉しいです。
こんにちは世界さん、うれしいです。ありがとうございます。そうなんですよね、出していかないと相手はわからない。自分が出していないのに、「なんでわかってくれないんだろう」ってなっちゃって、「キライ」ってなっちゃう。すごくもったいないですもんね。
はじめまして。他の方もおっしゃってますが、アサーションっていうのでネガティブなことでもやわらかに伝える練習を徐々にしています。私も飲み込んでしまい、ストレスをためて人を大嫌いになってしまう方でしたが、練習しているうちにだんだん自分を出せるようになってきました。
たまにですが、これが通用しなくて、謝ってくれない人がいて、付き合う必要のない人(職場の人など接しなければいけない人ではなくただの知人)だったので、お別れをしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。