仁木崇嗣@YDPA

「未来世代」と「現在世代」の架け橋になりたい。未来志向の人たちのインターフェースになる政治を創りたい。やっている事はユースデモクラシー推進機構代表理事・デジタルハリウッド大学院メディアサイエンス研究所研究員・早稲田大学公共政策研究所招聘研究員・NPO法人全世代理事など。

香港デモ、日本の地方議員50名が賛同するネット署名が意味するもの

私は日本のことが好きです。

そりゃあ政治や社会に対して「もっとこうなればいいのに」という不満や不安はあります。未来のことを思うと危機感もあります。

でもそれは、長く寄り添った夫婦が相手の細かなことが気になって小言を言ってしまったり、ことあるごとに浪費したり変な行動をする相手をみてコイツ大丈夫か、と思うようなもので、30年以上一緒にいれば様々なことが見えてくるので当然そうなるわけです。でも、好き

もっとみる

香港デモから思い出すべき日本の民主化の歴史について

この国では、選挙が始まれば勝手に投票券がポストに入っているし、ネットで自由に情報が得られるし、政府を批判しても逮捕されることはないし、制度を変えたければ徒党を組んで政治家や行政府に物申したり、自身が立候補して政治家になることもできる。それを活用している人が多いかどうかはさておき、制度上は日本は民主主義国である。そのことが当たり前すぎて日常生活で意識することはまず無いだろう。

今、海の対岸にある香

もっとみる
ありがとうございます!デジタル時代の自由民権運動が一歩前進しました!
1

働き盛りの生きづらさ(結婚観編)

「働き盛り」をWikipediaで調べると「現代では世界的に35歳から64歳にかけてを指すことが多い」とあったので、自分まだやん、と思ったのだけど、23歳で独立して仕事中心の生き方をしてきた筆者にとって、当然ながら「働き盛り」との自覚がある。

周囲を見渡しても20代後半から30代前半でも十分に責任ある仕事をやっている人は多いので、便宜的にこの年齢層を本稿での「働き盛り」と定義したい。

さて、先

もっとみる

殿下の御心を思う

(ヘッダー写真:NHK NEWS WEBより引用)

秋篠宮殿下が53歳の誕生日を迎えるにあたって記者会見に臨んだ際、来年の皇位継承に伴う伝統儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」の費用を、政府見解と異なり、公的予算ではなく天皇の生活費にあたる予算を用いるべきとのお考えを述べたそうだ。

秋篠宮さま きょう53歳に 大嘗祭めぐり政府決定と異なる意見(NHK)

その理由として「政教分離」を挙げられ、その

もっとみる

自己肯定感とイデオロギー(未定稿)

前回の記事で「未定稿」として文章を書くことに味をしめたので、今回も未定稿シリーズとして、考えとしても記事としても不完全という前提で、思いつくままに書いていきたい。いずれ自身の学びと共にアップデートしていくアジャイルブログ、という事でいろんな不備はご容赦願いたい。

さて、今回はあえて客観的なデータを一つも引用せず、主観だけで書いてみたいと思う。論拠は「自分の経験」だけである。

まず、私は今、民主

もっとみる