転職で悩みの沼にハマらないコツ〜HRおじさんがぶっちゃける〜


想像してみてください。(変な宗教ではないです)


悩んでるとき、転職エージェントや採用人事が相談に対して回答してくれたり、求人提案をしてくれたり、SNS民がアドバイスをくれたりする場があるしたら、転職活動がすごく明確になってくると。そう思いますよね?


私が新卒で入社して、配属されてから開発に関わっている、DIGROWっつーサービスは当初、転職エージェントに面談する前にエージェントに対して質問やらなんやらをできることによって、面談前にエージェントとの相性を測れるぞ〜ってやつだったんです


DIGROWはもっと転職業界をなんとかしたくて超必死



転職エージェントに絞っていたものを、採用担当者からの意見や提案をもらえる場として拡大して、SNS認証でDIGROWに登録してない人でも、転職希望者に対してコメントができるようになりました。


今のようなサービスにどんどん変わっていったもの、プロデューサーの熱い思いがあります。


P「いろんな業種職種年代のひとに意見を聞くことに意味があることを知ってもらうにはどうしらよいのか」

P「強制的な原体験がなくとも市場価値を見つめ直してほしい」


強制的な原体験っていうのは例えば、「27歳でベトナム出張して自分より3倍頭いいエンジニアが自分の1/4の給料で働いていてめっちゃ意識高くて日本が侵略されると思った。帰国して品川駅のコンビニでベトナム人が働いていて、ワタミ行っても東南アジア人で怖くなった。」(現職:腕毛が濃いDIGROWのプロデューサー)とか。




転職しようとしたとき、まずなにをするか、今パッと思いついたのはなんですか。



検索?


検索も良いです。でも検索した人は分かると思うのですが、大体検索すると自己分析のための10の方法とか、おすすめ転職サイト10選とか。実は転職系においてSEOが強いものだけが出てくるので実は超不便なんです。SEO強い=良い転職ができる とは限らないじゃないですか。


だから、自分のことをもっと打ち明けて世論に市場価値を問うとこを一回やってみようと思うような!プロダクトを!一生懸命!やっているのです。

市場価値って言ってるのは今の給与だけではなく、人生終えるまでに食えるかっていう視点。いつかでいいやじゃ遅いよ。




これも誰かの幸せにつながればいいなと思って勝手に書いてます。

うちのサービスを絶対使わないと死ぬわけでもないし、ハッとして別の好きなサービスつかっても良いです。プロデューサーが事故で死なない限り、うちはもっと良くなって、もっとたくさんの人のスッキリする転職体験が提供できるものにしていくつもりです。


スッキリ転職、やっていきましょう。


DIGROWhttps://digrow.jp/requests/trend

プロデューサーhttps://twitter.com/DIGROW_mendanko



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

nakanaka

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。