忍者、事務職はじめました Vol.12 最終回

「おはようございます、社長さん」

「・・・」

「あ、おはようございます、社長さん・・・?」

「えぇと、君は、どなたでしょうか?」

「え?私ですよ、ハヤクジですよ!」

「・・・!?え?ちょっと待って、君、ハヤクジさん?」

「はい、そうに決まっているじゃないですか」

「だって君、2年半前に突然無断欠勤になったから、もう解雇してますよ」

「え?カイコってどういう意味ですか?」

「単刀直入に言うと、もう我が社の社員ではなくなったということですよ」

「え?なぜですか?」

「だって、ハヤクジさん、あなた、2年半前に歓迎会をやって、その次の日から突然会社に来なくなったじゃないですか。何度も連絡しようと思ったのですが、連絡先がわからないし、家を訪ねても、家らしき建物はないし、それでやむを得ず解雇処分とさせていただきました。もう、出社しなくても大丈夫ですよ」

「え?歓迎会って、昨日やったばかりじゃないですか?何を言っているんですか、社長さん。確かに私、少し酔いました。二日酔いでした。でも、ようやく酔いが覚めたから出社したんですよ」

「ハヤクジさん、酔いが覚めるまで2年半経ってますよ、ありえませんよ、普通に考えて・・・」

「そういうこともあるでしょう。それをありえないだなんて大げさなんですね。その冗談、笑えませんよ、社長さん」

「いや、ハヤクジさん、君のほうが笑えませんよ、怖いですよ、えぇ、とても怖いです」

こうして私は、突然職を失ったのです。

会社というのは忍者に厳しいのですね。

でも、これも修行のうちなのだなと考え、新たな事務職探しの旅へと出発したのでした。

知ってるでしょう?

この続きをみるには

この続き:0文字

忍者、事務職はじめました Vol.12 最終回

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

(・∀・)ノシ--==(((卍知ってるでしょう?独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。

DOKKA-NO-MAGAZINE

独暇流忍術オリジナルマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。