【20代・女性・事務職】面接の自己PRでは何をアピールするべき?

事務職の場合、他の職種と比べて専門性がなかったり、第二新卒などで経験が浅かったりという場合、自分のアピールポイントに迷うこともあるかもしれません。
「自己PRで何をアピールしていいかわからない」という方のために、事務職の場合のPRポイントの例をお伝えします。

必ずアピールできるポイントがある

経験が浅いといえ、1年、2年と業務経験を積んでいれば、学生の時と比べると、必ず身についた力があるはずで

もっとみる

就職先決定!!

3カ月~6カ月の試用期間後、正社員採用決定の連絡をいただきました。
しかも私が大好きな車に関わる会社で採用していただきました。
ありがとうございます。

フルタイムで働くのは、5年ぶり・・・
8時間も働けるのだろか・・・心配ではあるけど、子供たちに頼りながら
完璧にこなそうとせずに頑張ってみようと思います。

今回正社員にこだわった理由が二つあって、
一つ目は、私の年齢的な問題。
子供が小さい頃は

もっとみる

#008 商品になる人と商品を売る人

僕は社会人になってから10年間、理学療法士という職業で病院に勤務していた。なぜこの仕事を選んだか。実にいい加減な理由である。ちなみに、公には母が看護師だったので影響を受けた、ということにしているが、本当はそうではない。もちろん影響はゼロではないけれど。

僕はあるテレビドラマを見て、白衣を着る仕事がしたい!!と憧れを抱いたのである。ちなみに「救命病棟24時」でも「白い巨塔」でもない。

それは、

もっとみる

社員旅行2019-GUAM│就活ホンネ体験談

2019年6月29日~7月2日の3泊4日で
社員旅行に行ってきました!

今回の行先はGUAM!

去年の沖縄旅行は不運にも台風と鉢合わせでしたが、
今年は天候にも恵まれいい休暇を頂きました。

AZEST-GROUPの社員旅行は一言でいえば「自由」
・・・なので、
集合写真は初日の全社員でのBBQしか撮れません(笑)

船に乗ってイルカウォッチングをしてみたり・・。
マリンアクティビティを楽しん

もっとみる

職業訓練の自己紹介

2015.夏に受講した #職業訓練 の初回の就職支援の授業の中で #自己紹介  することがあり、ひとりだけ浮いた内容でしてしまったという感があった。

私が受講した企業総務科は #総務 ・  #人事 の管理事務のノウハウを学ぶところであったが、社会に出た23年間に経験できなかったことを学びたかったのは勿論、

その間に起きた嫌がらせを受けた時の反応の仕方は正しかったのかという再確認をするために

もっとみる

組織での属人化は品質保持を損なう

できることが増えて頼られることはやりがいに繋がる。
仕事をする上でそれはとても大切な要素のひとつだし、信頼を得ながらそういう状態を高めていくのだろう。
だけど"この人に頼めば大丈夫"はややもすると属人化に繋がってしまうから、あるべき姿ではないように思う。

私は今、個々人がやり方をなんとなく確率しながらふんわりとやってきた仕事を、できる限り誰でもすぐできる仕事にしようとして試行錯誤している。
頼り

もっとみる

僕が若い人材を集めて会社を建てたい

僕は、経営をしたいと思ってる。じゃあ何故、会社を建てたいと思ったのか。ここから、本題に入ります。

会社を建てたいと思った理由

やはり、会社というものは長く居づらい環境を作ってしまう処もある。

僕は、特に才能などあるはずがない。何が出来るかと言われたら、文字を打ったり、書くことしか出来ない。本当にスキルなどもない。

今の時代、若い人材を欲しがる企業が多くあるに違いない。だからこそ、若い者同

もっとみる

事務は楽で簡単な仕事か

大学職員・事務職に対する印象は、どんなものだろうか。

どこにおいても事務職は全般、楽で誰にでもできる簡単な仕事だと思われがちだが、(実際、面と向かってそう言われることもあるのだが)私はそうでもないと思っている。

いろいろな処理フローを把握し、遅滞なく的確に処理し、おさまるべきところにおさめていく。
決められたとおりに間違いなく処理するためには、そもそも決められていることを知らなければならないし

もっとみる

事務職リモートの難しさ

同じチームに、育休明けの先輩がいる。
彼女は責任感が強く所謂仕事ができる人なのだと思う。
だけど最近、その責任感の強さゆえの行動が、果たして正しいのかわからなくなっている。

先週子供の体調が悪く、彼女は週の半分会社に来られなかった。
その間にやる予定でいたものや締め切りなど、時間が経てば経つほどやることが貯まっていく。
私は、こられない状態ならそれはこられる状態の私たちでカバーすればいいと思って

もっとみる

代表電話番のささやかな「話す順番」の工夫

日々電話を取っている中で、そういえばこういう工夫しているな、と気づいたのは、話す順番。

電話って、メールやFAXと違って手元にログが残りません。次から次へと言葉は流れて消えていく。

そのうえ、日本語は結論が最後にきがちです。
なんなら主語まで省略してしまう。

これが大変。

何が言いたいのか、何の話なのかなかなかわからなかったり、前後関係がつながっていなかったり。

結論に至るまで、情報が出

もっとみる