見出し画像

HOTEL SHE, KYOTOに融ける



ゴールドのテーブル足

ゴールドの電球傘

ガラスの花瓶

レコードプレイヤーのカバー

ガラスコップ

朝の光さえも、HOTEL SHE, KYOTOの部屋の中ですべてが融けていく。

エモいと一瞬思ったけれど違う。
エロい。

ミッドセンチュリー、レトロフューチャー、スナック、モーテル、ネイチャー。全く言い表せない様々な要素が集約、一つの宇宙。



この花、うちでもずっと育てていた。名前、なんていうんだっけか。

何度でも訪れたくなるそんな場所だった。
最果ての旅のオアシス、HOTEL SHE, KYOTO


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでくださってありがとうございます。みなさんの毎日のなかとつながりを持てるそんな文章を書いていきたいです。サポートいただきましたら学びに使い、さらにもっと書きたいです。

ありがとう!
5

サーシュ

Webディレクター。カウンセラーの勉強をしています。死生観、死別、傾聴など、アウトドア・料理などが読めるnoteです。書くことで変化する思考に興味があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。