★開戦のゴング/操縦桿/オール〜ふなログVol.67〜

■Days of thunder
と言いたくなる2日間を過ごしました。

燃え尽きそうです…パタッ。
(ポックリではないです)

■感情のアップダウンが激しかったです。
開戦のゴングが鳴り響く前から
気合いを入れまくり
ゴングが鳴ったと同時に殴りかかり、
そして
全力投球してストライクバッターアウト!
(え、ここで野球に変わる!?)

しかし、その後
犠牲フライで敵の走者が三塁を蹴って
ホームイン

もっとみる

親切の発見と、次なる習慣化に向けて。

今日も親切に関して新たな発見!今の課題と次に習慣化できそうなこと、達成率を上げられそうなことも明確になってきましたよ。

というわけで、note投稿37日目。7月17日(水)のセルフモニタリングと振り返りいってみましょう~!

【やったこと】(103日目)

・瞑想
・簡易ボディスキャン
・客観性トレーニング(家計簿)
・今日の小さな親切3つ
・今日の感謝3つ

【今日の感謝3つ】(43日目)

もっとみる

世代のバトンを繋ぐ

最近めちゃくちゃすごい大人からとんでもない支援をしてもらえて毎日すごく助かっています。

よくgiveの精神が大切とか、与え続けるから結果的に自分に返ってくるとか聞きますけど、もらってばかりで申し訳なくなります。

気分的には部活の先輩に「いいからいいから」って言われながら奢ってもらっているような感じ。

助けてもらっているからこそお返しもしたいし、そこで得た知識・経験を今度は下の世代に繋いでいき

もっとみる

雨。そして僕にとってのアニメ。

とうとう金曜日になり、待ちに待った天気の子が上映された。

九州地方は昨日からの大雨が続いており日本中には悲しみの雨が降り続いていた、Twitterを覗いてみると持論ばっかり唱えて悪い意味でお祭り騒ぎ悲しいニュースも人命よりもアニメの存続がどうとかばかりで嫌気がさす。

先ほど天気の子劇中歌の「愛にできることはまだあるかい」のMVが投稿された。それを、今も聴いているのだけど不思議と昨日の事件と重ね

もっとみる

デザイン思考によってイノベーションは起こり得るのか?

こんにちは!あいでんです。

今日は木曜講義の最終日。
講義の頭から、以前書いた「『デザイン思考』 と 『アート思考』について考える」の内容について発表するという体験をやってのけました。

何言ってるかわからんやったやろな、テンパって自分でもなに言ってるのかわけわからんくなってたもん…(笑)。

▷イノベーションとは

今回は私のnoteの内容を叩き台として講義が進んでいきました。
テーマとしては

もっとみる

防災訓練は何故ダサく感じるのか

勤務時間中にもかかわらず、スマホニュースから目が離せなかった。今日、京都アニメーションで放火事件が起き、死亡者が33人も出てしまった。職場で突然知らない男がガソリンに火をつけるなんて、文字面だけでも心底怖い。仕事中に思わず顔をしかめてしまった。本当に痛ましい事件だと思う。

平成以降最悪の事件といわれるほど被害が拡大したのは、複数の原因があるだろう。その1つに、緊急時の対応や避難経路が十分周知され

もっとみる

夏を想う

『夏の陽射し 天高く伸びる 積乱雲 嵐の音も 筆の良き友』

#自由律俳句 #毎日投稿 #毎日更新 #毎日Note

日向坂46、「アイドルの王道」をアップデートせよ

【『ドレミソラシド』/日向坂46】

アイドルシーンのみならず、J-POPシーン全体を揺るがした「第2のデビュー」から4ヶ月、早くも日向坂46の2ndシングルが届けられた。

"ドレミソラシド"、まさに会心の一曲だ。

キュート/クールの間を自由に往来していく曲調がスリルと疾走感を生んでいた1stシングル”キュン”とは打って変わり、四つ打ちのリズムが止めどない高揚感をもたらす、極めてハイエナジーな

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
2

夢のような瞬間

みなさんこんにちはTOMOKIです。

日本は台風が近づいているみたいでそれに気がつかず傘を持たずに外出した結果突然雨が降ってきてびしょ濡れになってしまいました😂

そんな今日はこんな感じでラフに書いていきたいと思います。

今回僕がお話しする内容は、、、
「屋台のラーメン屋」についてです。

なぜ僕がこんな話を今回するかというとたまたま夜都内の駅付近を歩っていたら突然「屋台のラーメン屋」があっ

もっとみる

わたしが被写体になろうと思った理由 | GO AHEAD -僕の描く夢- 第72回

ずっと、自分の姿にコンプレックスを持っていた。そのコンプレックスを強さにするんだ。

わたしが被写体になろうと思った理由をこれまで何度か書いてきましたが、先日公開した写真の反響が想像よりも大きかったので、もっとちゃんと書いてみようと思います。

ポートレートを載せた記事の方で読んでくださった方には2回目になってしまうんですけど、ここで初めて読む方のためにもう一度書かせてください。

近年、社会では

もっとみる