中澤信幸

キリスト教牧師、コーチ、ポッドキャスター。http://nobu.bokushi.jp/ 苦悩する友人の助けになれなかった経験をとおして、人の役に立つ生き方を志す。サーバント・リーダーシップを説く「人を幸せにする生き方」の著者。
固定されたノート

「人を幸せにする生き方」目次

はじめに

第一章 サーバントはどんな人?

第2章 サーバント=人を幸せにする人

第3章 なぜいまサーバントなのか?  

第4章 サーバントが大切にする10の考え方

第5章 考え方1 仕え合うために生かされている

第6章 考え方2 どんなことでも人のために用いられる

第7章 考え方3 未来と自分は変えることができる

第8章 考え方4 十分に受ける者こそ与えることができる

第9章 考

もっとみる

ストーリー28 二人の男の子を育てた主婦ネネさん

ネネさんは、専業主婦でした。二人の男の子の育児にかかりっきりでがんばってきました。特に昨年は長男が大学受験で浪人し、年子の次男も受験という怒涛のような一年を乗り切りました。

この春、二人の息子が無事に大学に進学したころから、何をするにも気力がわかないという状態になってしまいました。医者の勧めもあり、カウンセラーとの面談を重ねると、いわゆる空の巣症候群というものだと理解できました。ずっと気を張って

もっとみる

ストーリー32 勉強に励むヒロミさん

ヒロミさんが中学生の時に父親を亡くしました。いまでいう過労死だと思われます。真面目で仕事人間だったお父さんは過労で倒れ、原因不明の高熱が続いて、そのまま亡くなってしまいました。あまりにも突然のことで、どう受け止めてよいかわかりませんでした。とは言っても母と姉と自分の三人で、どうにか生きていかなくてはいけません。大黒柱を失った不安を隠すように、それぞれ毎日の生活に励んできました。

母は、娘たちが不

もっとみる
気に入ってくださいましたか。ブログもよろしければどうぞ。
1

ストーリー31 リーダーのモデルを探すハジメさん

ハジメさんは、数人の部下といっしょに仕事をしています。先日、五年に一度の大きな人事評価の機会がありました。部下をはじめ広い範囲の人からあらゆる角度で評価される機会です。

「みんなは自分をどう思っているのだろうか。要求に応えられているのだろうか。上司失格だと言われるのではないか」
必要以上に不安になりました。

ハジメさんは温厚な性格で、真面目に仕事をする人でした。特に、みんなの声に耳を傾け、誠実

もっとみる
気に入ってくださいましたか。ブログもよろしければどうぞ。

ストーリー30 サーバントの模範となったイエス・キリスト

サーバントの価値観は、イエス・キリストに見られるものです。事実、「受けるよりも与えるほうが幸いである 」というのは、イエス・キリストが語った言葉として聖書に記されているものです。

イエス・キリストは十字架にかけられる前の晩、弟子たちと共に最後の食事をしました。その席でイエスはおもむろに立ち上がり、弟子たち一人ひとりの足元にひざまずいて足を洗い始めたのです。その姿は、まるで仕えるしもべのようでした

もっとみる