見出し画像

委ねる。

頼芸
「されば庄九郎、
 人間は死ねばどこへゆく。
 ひとことで教えてくれ」

庄九郎
「そのこと。
 坊主にまかせる。
 任せて考えぬ、
 これがサトリでござりまする」

頼芸
「 任せるだけか」

庄九郎
「その“だけ”に、
 人間到達できれば、
 もはや大覚者でございます。
 死は坊主にまかせる
 まかせて楽しく生を送る、
 それが達人の生き方
 というものでござりましょう」

(司馬遼太郎 著
『国取り物語1』)

ーーーー

任せる、委ねる、
そして、楽しむ(愉しむ)
境地に達することが出来れば
と私も常々考えています。

メンターである先輩から
先日頂いた言葉が身に沁みます。

『幸せは「今、ココ」を
深く生きること』

今日から7月。
気持ちを切り替えて、
「今、ココ」を生き、
あんまり色々考え過ぎず、
任せる、委ねる精神で、
歩んでいこうと思います。

#土岐頼芸 #斉藤道三 #庄九郎 #悟り #委ねる #今を生きる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ノブオ

歴史に学ぶ。

司馬遼太郎さんの名著『国取り物語』『新・太閤記』『関ヶ原』『城塞』を中心に、歴史上の出来事や、歴史上の人物の考え方・生き様から、感じたことをつれづれと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。