マインドフルネスおはなし会2

前回の記事

頭の中で、アイウエオ、といいながら、数字を1、2、3と数えてみて下さい。同時にできますか?そうそう、できないよね。つまり1つの時間の中で、できることはひとつの事だけで、尚且つそれはちゃんと集中してやらないと、間違いが起きるんですよね。アイウエオってちゃんといえてるか確認できなかったでしょ?どっちが主体的なのかもわからないし・・・これが行動や言動にも出ちゃっているんですよ。何か言われて

もっとみる

第十一夜 あなたの所属は?

こんばんは D.Anteです。

今日はアドラー心理学を支える大きな要素の1つ、共同体感覚についてお話しします。世界観を広げる、価値観を大きくすることに役立つものなので、ぜひ読んで欲しいです。

今日は全人類知っておいて欲しいってくらい重要な内容です。私は嫌われる勇気を読んで、金槌で頭を殴られるような感覚が何回かありましたがその1つです。

共同体感覚ってなに?

共同体感覚とは、私はこの共同体の

もっとみる

仮面ライダーは正義なのか?喜んでもらえるプレゼントとは?

こんばんは!

今日は日中、ダラダラと過ごしてしまったので、公園でワークアウトをしてきました。ここ最近涼しいとはいえ、体を動かすともう汗ダラダラです。

さて、タイトルからして重い内容を予想してしまいますが、どうなることやら(書きながら構成しています)。

正義って難しい

息子が好きな仮面ライダーを一緒に見ていて、いつも思ってしまうことがあります。

主人公の仮面ライダーの敵役は、果たして本当に

もっとみる

どんな時も、今が一番若いから

「何歳であろうが、今が最も若い」

私はこの言葉が大好きです。

今が一番若い、ってことは何でもできるってことだからです。

今から何を始めても可能性がある。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

よく「もう〇歳だからそろそろ落ち着かないと」とか「今からじゃもう遅いから」とか「もう若くないから」という言葉を聞きます。

確かに自分のやってみたいことに年齢制限が設

もっとみる

大人になったから少しだけわかる。あの時の自分へ

大人というのは、身勝手な生き物だ。

私は、幼い頃そう思いながら育った…

例えば

「親の言うことを聞きなさい」

「専門学校に入れてやった」

「あれを買ってやった」

など、とにかく何かをしてやった感が強くてなんとなく子供ながら嫌だったことを覚えている。

何かを自分でやりたくても相談もできなかったし、したところでめちゃくちゃ反対された。

だから、いつも何もして来なかった。

趣味もなかっ

もっとみる

【12週目】なんのために生まれて なにをしていきるのか

最近、毎日のようにアンパンのマーチの曲が頭の中にかかってる。

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

毎日、働いて、休日は副業をして、借金を返す。今は、その理由で働いている。

「なんのために生まれて、何をしていきるのか」と質問されると、答えられない。
過去の過ちで借金を作り、そのために今一生

もっとみる

僕たちの人生は山ではない。平地だ。

皆さんこんにちは、一浪です。

昨日、嫌われる勇気を読み終えました。

その中で、いくつか考えが出てきたので、

書いていきたいと思います。

■夢はあってもなくてもいい

本書の中で、夢や目標は特になくていい

みたいなことを言っていました。

ですが、僕はあってもなくてもどっちでもいい

と思っています。

考え方は人それぞれです。

例え「嫌われる勇気」を読んでも共感しない人もいるだろうし、

もっとみる

第九夜 今にこだわる

こんばんは D.Anteです。

皆さんは後悔して先に進めなかったり、やらないといけないことを先延ばしにすることありませんか?今回はそんな悩みを解決する考え方の紹介です。

それは『今』にこだわって生きるということです。今日はその理由と考え方について、アドラー心理学に基づいて話そうと思います。

私たちは今でしか生きられない

結論から言います。私たちは今でしか生きられない。過去や未来に執着せず、

もっとみる

人生で今が一番若い

こんばんは!

今日は朝活に失敗し(ただの寝坊)、こんな時間に更新しています。雨降りの天気で気圧のせいなのか、太陽の光が弱かったのか、起きることができませんでした。

さて、今日は人生は今が一番若いという話。

10年後後悔しないために

僕もすでに32歳になりました。

20代の頃は、30代がはるか遠くに感じ、すごく大人!という印象でした。ただ、実際にこの年齢になってみると、20代の頃とあんまり

もっとみる

今という時間を大切に生きる

『明日、世界が終わり迎え、あなたは死んでしまう』
それが分かっていたら残りの時間をどう過ごしますか?

そんなありきたりな質問、あなたならどう答えますか?

”最後の1秒まで家族や好きな人と過ごす"
"やり残したことをやりきる" 

中には"いきなりこんな質問されても困る"と答える人もいることでしょう

では、少し質問を変えてみます

『あなたは今から1年以内に亡くなります』
それが分

もっとみる