MKウルトラ計画の生存者が連邦政府への集団訴訟

COBRAの2019年4月4日の記事「Soul Families Workshop Report and Planetary Situation Update」で紹介された記事「Survivors From The MK Ultra Program Come Together To Sue The Federal Government」を翻訳しました。翻訳料は300円です。


”このワークショップによってマトリックスに巨大な裂け目が入ったので、アルコンはその後数週間にわたり狂いまくって主要な人たちを無情に攻撃しました。

この攻撃の多くは、指向性エネルギー兵器やネガティブなソーシャルエンジニアリングを使うものでした。

一方で、カバールによる闇のオカルト的マインドプログラミングの行為が暴露されて、人々がそれに対して闘っています。

そして、カバールは、強いパニックに陥って証拠隠滅をはかっています。”


元記事:

こちらの大手メディアCTVニュースの記事によると、1950年代から60年代にかけてモントリオールのマギル大学の精神科医ドナルド・キャメロンに率いられたMKウルトラ洗脳プログラムの生存者の家族が、ついに一致団結して大衆の前でこの恐ろしい計画について暴露する決意をしました。

この続きをみるには

この続き:1,340文字

MKウルトラ計画の生存者が連邦政府への集団訴訟

NOGI

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。