テンプル騎士団はソロモン神殿で何を見つけたのか?

COBRAの2019年4月28日の記事「The High Priestess」で紹介された記事「Did the Templars find anything under the Temple of Solomon?」を翻訳しました。翻訳料は300円です。

"黒貴族はイエズス会に命じて、テンプル騎士団の主要な聖地にすぐに放火させました。というのも、テンプル騎士団はISISの秘儀の断片を再生して西洋文明に認識させようと活動していた主要な勢力だったからです。


テンプル騎士団は、アル・アクサモスク近辺のソロモン厩舎にてISISの秘儀に関係する古代の聖典を発見しました。"


元記事:


聖書の中でも、エルサレムの王ソロモンによって建てられた偉大な神殿についてが語られています。

この神殿は後に、紀元前6世紀のバビロニア帝国によって破壊されました。神殿内にはモーゼが神から与えられた石板を収めた契約の箱アークがあったと言われています。行方が分からなくなったアークを巡り、テンプル騎士団はそれを見つけ出すために結成されたとする説もあります。

この複雑な説について深く考察する前に、まずは基本的な事実を見ていきましょう。

この続きをみるには

この続き:2,212文字/画像1枚

テンプル騎士団はソロモン神殿で何を見つけたのか?

NOGI

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。