描くのが早くて良かったこと。

ぼくは美大出てるのに絵が下手なんですけど、それでも良かったと思う事があって。それは、短時間に漫画をポンポン量産できること。

早く描いても、時間をかけて丁寧に描いても絵に大差無いので、結果的に描くのが早くなります。

具体的には、1P30分くらいです。1時間で2P。

例えば、漫画「左ききのエレン」は、いつも20P〜30Pのページ数なんですが、だいたい10時間くらいで描いています。

まぁ雑誌連載漫画のクオリティの作画とは比べようが無い、ネーム状態の作画なのでアレなんですけど、30Pって言うと週刊誌より月刊誌のページボリュームですよね。つまり、月刊連載で出してゆく量を週間で出せるのは嬉しい。

単行本1冊のボリュームも、7週で貯まります。

ここからは、それによって出来るメシの食い方の話なんですけど、

この続きをみるには

この続き:599文字
記事を購入する

描くのが早くて良かったこと。

かっぴー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、よかったら単行本を買ってください!

13

かっぴー

月刊なつやすみ(月額390円)

漫画家かっぴーの、株式会社なつやすみのゆるい社長ブログです。漫画描いてて思った事などを書いてます。価格は390円(サンキュー)!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。