ロリス・カリウスへー極東より愛を込めてー

サッカーの勝敗を分けるのはいつでもゴール前での攻防だ。そのシーンで主演となるのはFWとGK。FWは一つのプレーを成功させれば、要するに得点を奪えれば、満点合格である。
一方で、GKはそうはいかない。たとえ9本のスーパーセーブを見せたとしても、1つのミスで失点し、その失点によって負ければ、普通誰もそのGKを評価しない。
故にGKというポジションは全てのプレーに細心の注意を払わなければいけない。”大体”じゃない。”全て”だ。そして、すべてのプレーに細かなこだわりが必要で、すべてのプレーを成功させるために、たとえ誰も気づかないようなディテールにも神経を注ぐ。それがGKというポジションだ。

この続きをみるには

この続き:1,320文字/画像1枚

ロリス・カリウスへー極東より愛を込めてー

ReneNoric

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはサッカーのお勉強(書籍購入費など)に使いたいと思います。

24

ReneNoric

GK分析マガジン

いままでのnoteまとめ 随時更新中
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。