見出し画像

アメリカで広まっている豆腐の食べ方

今のアメリカでは、田舎のWalmartに行っても豆腐や醤油や味噌が買えます。豆腐は野菜売り場の隅の方に、精進料理用のハムやチーズなどと並べて売られていることが多いです。種類はどんどん増えてきました。

でもそのままでは水分が多いので、味を付けるのが難しく、主菜としては満足感がありません。そこで圧縮して水分を除き、固形分の比率を増やしてから調理するのが普通です。こうすると食べごたえがあるし、しっかり味をつけることができます。

豆腐を圧縮する道具はtofu pressと呼ばれ、普通のお店ではまだ見かけませんが、オンラインで色々なものが売られています。15分程度で簡単に水分を抜くことができるので、豆腐をよく食べる人には欠かせない道具です。

上の写真は私が使っているものです。わかりやすいように、中間部に豆腐を挟んだ状態で撮りました。ねじの頂点には金具がついていたのですが、全体を分解できなくて不便なのでレンチで外しました(10月21日追記:この4インチのねじも長すぎるので、本日分解して3.5インチに交換しましたが、まだ少し長めです。3インチの方が便利ですね)。

何十年も前からある代表的な調理法は朝食用で、水分を切ってから崩し、カレー粉で風味をつけ、野菜入りの炒り卵のようにしてトーストと一緒に食べます。

脱水して崩した豆腐は、挽肉、小麦粉、卵、チーズなど、さまざまな素材の代わりに使われています。もともと味が薄いので、どんな調味料とも相性が良いからです。

脱水してから切った豆腐は、焼肉のたれをつけてステーキやグリルにすることもあるし、それを冷ましてからサラダに入れることもあります。

和食の豆腐料理は意外と使い方が限定されていますが、アメリカの豆腐料理は色々な人が工夫してどんどん種類が増えています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

NYの会議通訳者が教える英語

日本で生まれ育ち、高校卒業後に渡米。NYの大学を卒業後に英語を本格的にやり直す。英会話教室の教程が不十分なことを痛感しつつも、試験に受かった後は勉強を続ける手段がないことに悩む。色々な本と先生を探しながら独学と個人指導を組み合わせて勉強を続け、やがて独自の英語上達法を開発。

肉と卵と乳製品をやめてみる

もともとの動機は、犬や猫だけ大事にしながら牛や豚を食べるのは宜しくないだろうという単純な考えです。商品として大量飼育される家畜の不健康さとか、畜産業が地球の環境に及ぼす深刻な悪影響とかは後から追加した理由です。
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

アメリカって高野豆腐売ってないの?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。