悟りの境地

ニューヨークでメディテーション、瞑想がトレンドになって数年が経つ。

『瞑想』と『トレンド』という二つの言葉は相容れないようにも感じるけれど、『瞑想』はまさに今最も『トレンディ』なアクティビティの一つである。

最近では、瞑想専用のスタジオも続々と登場しているんだけれど、その中にはソーシャライズを目的にしたものも多いらしい。

以前であれば、バーでミングルしていた若い世代が、今は瞑想スタジオに行っているのだ。

プライベートな出会いだけでなく、ビジネスがまとまることも少なくないそうで、特にそこそこ会費が高い会員制のスタジオでは、スタートアップが投資家をみつけて話をまとめる...なんてこともあるそうだ。

そもそも、瞑想、というのは心を無にするものではないのだろうか。そんな場で、ビジネスの商談相手探しに血眼になる、というのは、オリジナルのコンセプトからかけ離れている気がするが、現代人が求める『悟り』というのは、その程度のものなのかもしれない。

先日、ジムのサウナで会った知人が

「母が突然亡くなってから、仏教にはまってて。先日もアップステートにリトリートに瞑想三昧だったわ...」

と言う。

仏教の教えに影響されて、週に5日は動物性の食品を取らないそうだ。

「食事を変えて、朝晩瞑想するようになったら、毒素が抜けて、穏やかになった気がするの....」

そう言ってシャワーを浴びるためサウナを出ていった。

しばらくしてサウナに戻ってきた彼女は、自分がバスタオルをひいて陣取っていたスポットに、別の女性がそのタオルをどけて寝そべっているのを見て、顔色を変えて、その場に突っ立っていた。

そして、その女性が出て行った後

「わざわざ人がタオルでキープしている場所を横取りするなんてありえないわ!他にもこんなに場所があいているのに!!!一体どういう神経!?!?」

と5分くらい文句を言っていた。

他にも空いてるところいっぱいあるんだから、あなたがそこに座ったらいいんじゃないの.....?

しかし、血相を変えて憤慨している彼女に、そんなことはもちろん言わなかった。

悟りの境地

それは、完全なる自己満足。

その満足が欲しいがために、皆必死で瞑想するのかもしれない。

・・・・・・・・・・
☆ブログも更新中: NYでデトックス

Facebookに「いいね」して頂くと、ブログやウェブマガジン連載の更新状況が届きます。
・・・・・・・・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

白石里美

NYからの小話

ランチのお供に軽く読めるエッセイ集
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。