なぜ日本の美魔女はイタイのか

「ダンナとその気にならないならラッセル・クロウでも思い浮かべればいいのよ」

とは、年上の女友達。

彼女的には映画「グラディエーター」時代のラッセル・クロウがツボらしい。

50歳を過ぎても、恵まれた遺伝子をパークアベニューの皮膚科医による超最先端技術で磨き上げた美肌と、スリムなジーンズやレギンスを履きこなす体型をキープする彼女は10歳は若く見える。

そんな彼女のご主人は10歳以上年上で、お金はあるが、巷でもちょっと有名なほどブサイクなのだ。

そんなご主人を知っているだけに

「マイケル(仮名)は指使いが絶妙なの」

などど言われた日には完全にTMI(too much informationの略)

そんなディテール絶対聞きたくないし...という話である。

しかし、ここにある答えをみつけた気がした。

ずっと不思議に思っていたのだ。

ニューヨークでは女性が40歳になっても50歳になっても、美容に精を尽くして、セックスを楽しむのは自然なことである

それが日本となると、「美魔女」と祭り上げられ、イタイだの、気持ち悪いだの言われるのはなぜなのだろう?


ラッセル・クロウ好きの友人を含め、ニューヨークでは、女性たちの会話の中に頻繁にパートナーの名前が登場する。いわゆるマウンテングのためではなく、たわいもない話題である。

「マイケルはこの髪型が好きなの」「マイケルはこの色があまり好きじゃないの」「マイケルはこっちの靴の方が好みなの」

そして男性側は

「うちのワイフは超ホットだ」

と褒めるのである。

これは結婚後10年、20年経っても継続されるべきもので、この関係が崩れると、やれカップルカウンセリングだの、やれ離婚だの、それはそれは大変な騒ぎになる。

日本のように、自分に関心がない旦那のことはひっそりと諦めて、ジャニーズや韓流に走ったり、はたまた、目的地のない自分磨きに精を出すのではなく、徹底的にもがくのだ。

カップル間で完結していれば、どれだけ美容に精を出そうと、セックスセックスと騒ごうと、外野がとやかくいう筋合いではないのである。

特定のパートナーがいなくても、そこそこ外見に気をつかっていて、そこそこユーモアのセンスがあれば、いくつになっても、さほどデートの相手に困らないのがニューヨークという街である。このため、シングルでも「次のデートの相手のために綺麗になろう」という明確な目標が設定しやすい。

一方で、日本では、受け手を失って「自分のため」と銘打った女性たちの美容魂が、行き場のない怨霊のようにさまよって、世間をビビらせているのではないだろうか。

もちろん、これは彼女たちの責任ではないし、カップル双方はもとより、社会全体にはびこる様々な意識変革を要する壮大なテーマであって、今ここですぐ解決に至る類のものではない。

なにより、自分のために綺麗になる、という意識を持つことは素晴らしいことだ。

それでも

数々の試練を乗り越えて、時にはラッセル・クロウの助けを借りたりしながら

「うちのダンナはLBD(Little Black Dressの略)が好きだから」

と言ってRag & Boneあたりの膝上のワンピースを着こなすアラフィフの女友達をみて、こういうのなんか良いな、と思うのだった。


ブログも更新中:NYでデトックス








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

80

白石里美

NY発 あがく女たちの本音

NYで出会った、たくましくて、もろくて、幸せで、切ない女性たちのストーリー。

コメント5件

ayakoさん、わかります。愛するhubbyのためにしてるんだから、誰もにも文句言わせないわ!って思いながら60歳、70歳と歳を重ねたいです。そんなカップルはいくつになってもかわいいなあって周囲をみてると思います。
渡辺裕子さん、本当ですね。20代前半のアイドルじゃないと恋愛しちゃだめ、みたいな極端な感覚ってなんなんでしょうね。
簡単に文化の違いということもできることですが、とても面白い記事でした。
風邪maさん、ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。